初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

NISA口座、めずらしい優待銘柄がランクイン

2020.07.12

NISAランキング紹介です。SBI証券のNISAランキングでは、このような結果になりました。

買付金額ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8591 オリックス 1,278
2 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 1,930
3 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 410
4 9201 日本航空 1,907
5 7751 キヤノン 2,007
6 9202 ANAホールディングス 2,347.5
7 8267 イオン 2,386.5
8 8316 三井住友フィナンシャルグループ 2,980
9 8411 みずほフィナンシャルグループ 130
10 4563 アンジェス(6月・12月優待) 1,703

出来高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 9318 アジア開発キャピタル 10
2 1757 クレアホールディングス 130
3 6731 ピクセラ 55
4 8411 みずほフィナンシャルグループ 130
5 8894 REVOLUTION 45
6 9973 小僧寿し 72
7 1491 中外鉱業 20
8 6628 オンキヨー 11
9 8918 ランド 10
10 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 410

保有残高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 1,930
2 8411 みずほフィナンシャルグループ 130
3 9434 ソフトバンク 1,393.5
4 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,605
5 8591 オリックス 1,278
6 8267 イオン 2,386.5
7 7751 キヤノン 2,007
8 4502 武田薬品工業 3,670
9 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 410
10 7201 日産自動車 374.8

買付金額ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8591 オリックス 1,278
2 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 410
3 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 1,930
4 8058 三菱商事 2,241.5
5 7751 キヤノン 2,007
6 8905 イオンモール 1,238
7 3387 クリエイト・レストランツ・ホールディングス 601
8 7616 コロワイド 1,332
9 8411 みずほフィナンシャルグループ 130
10 3397 トリドールホールディングス 1,127

出来高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 9318 アジア開発キャピタル 10
2 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 410
3 8411 みずほフィナンシャルグループ 130
4 6731 ピクセラ 55
5 8591 オリックス 1,278
6 8918 ランド 10
7 1757 クレアホールディングス 130
8 8894 REVOLUTION 45
9 2353 日本駐車場開発(7月優待) 138
10 2038 原油ダブルブル 252

保有残高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8591 オリックス 1,278
2 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 1,930
3 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,605
4 4661 オリエンタルランド 13,865
5 9433 KDDI 3,265
6 8411 みずほフィナンシャルグループ 130
7 9434 ソフトバンク 1,393.5
8 3048 ビックカメラ 1,148
9 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 410
10 9831 ヤマダ電機 492

※2月・8月優待銘柄をピンクで表示、3月・9月優待銘柄をブルーで表示。

7月6日から10日までの様子です。2月企業の決算発表がピークとなり、2月・8月優待銘柄の取引が活発になっています。

わかりやすいのがイオンモール。赤字に転落し、株価が急落しました。NISA口座は約5年後に利益確定すればいいので、株主優待をもらいながら待つことができます。

イオンモールの優待はギフトカードまたはカタログギフトです。100株買うと3,000円相当がもらえます。

また、めずらしいところでは日本駐車場開発があります。7月優待銘柄がランクインすることはなく、最後に見たのがわからないくらい久しぶりです。株主になると、駐車場の割引券などがもらえます。権利付き最終日は7月29日です。

その他、注目されたのはコロワイド。大戸屋ホールディングスを敵対的TOBで子会社化すると発表しました。コロワイドは70億円超の資金が必要になることから売られています。

コロワイドの優待はポイントです。飲食代金の支払いや商品との交換に使えます。株価が下がるほど優待利回りが上がるので、優待目当てであれば、お買い得かもしれません。

関連記事

アーカイブ