初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

7月最初のNISA口座

2019.07.07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

NISAランキング紹介です。SBI証券のNISAランキングでは、このような結果になりました。

買付金額ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,480
2 7201 日産自動車 773.4
3 4502 武田薬品工業 3,880
4 8411 みずほフィナンシャルグループ 157.8
5 4755 楽天(12月優待) 1,193
6 8267 イオン 1,974
7 9984 ソフトバンクグループ 5,276
8 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 526.4
9 2928 ライザップグループ 306
10 8591 オリックス 1,637.5

出来高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 157.8
2 6740 ジャパンディスプレイ 80
3 6628 オンキヨー 82
4 9263 ビジョナリーホールディングス(4月・10月優待) 44
5 9318 アジア開発キャピタル 7
6 2928 ライザップグループ 306
7 8918 ランド 7
8 7638 NEW ART HOLDINGS 44
9 9424 日本通信 236
10 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 526.4

保有残高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 157.8
2 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,480
3 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,910
4 7201 日産自動車 773.4
5 9434 ソフトバンク 1,444
6 7751 キヤノン 3,189
7 8591 オリックス 1,637.5
8 8267 イオン 1,974
9 8031 三井物産 1,798
10 7203 トヨタ自動車 6,889

買付金額ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8591 オリックス 1,637.5
2 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,480
3 9434 ソフトバンク 1,444
4 1550 MSCIコクサイ 2,402
5 3563 スシローグローバルホールディングス 6,660
6 7201 日産自動車 773.4
7 8411 みずほフィナンシャルグループ 157.8
8 1570 日経平均レバレッジ上場投信 18,750
9 3655 ブレインパッド 6,620
10 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 526.4

出来高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8946 ASIAN STAR 205
2 9318 アジア開発キャピタル 7
3 8411 みずほフィナンシャルグループ 157.8
4 6628 オンキヨー 82
5 9263 ビジョナリーホールディングス(4月・10月優待) 44
6 2928 ライザップグループ 306
7 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 526.4
8 1678 インド株式指数 166
9 2321 ソフトフロントホールディングス 136
10 8591 オリックス 1,637.5

保有残高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 3197 すかいらーくホールディングス(6月・12月優待) 1,910
2 8591 オリックス 1,637.5
3 4661 オリエンタルランド 14,005
4 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,480
5 8411 みずほフィナンシャルグループ 157.8
6 9433 KDDI 2,771
7 7201 日産自動車 773.4
8 9434 ソフトバンク 1,444
9 3387 クリエイト・レストランツ・ホールディングス 1,435
10 9861 吉野家ホールディングス 1,918

※2月・8月優待銘柄をピンクで表示、3月・9月優待銘柄をブルーで表示。

7月1日から5月までの様子です。前週の反動からか、優待銘柄の数が減少しました。

特にジュニアNISA口座は傾向がつかみづらく、今年も残り6ヶ月を切ったこともあって、取引量そのものが減っているかもしれません。

「新」マークが付く銘柄も、他のランキングでは常連になっているものが多く、ASIAN STARは短期投資の可能性が高いです。

次週も同じことが続くなら、エー・ディー・ワークスの新株予約権(32509)がランキングに入ると思われます。

親株のエー・ディー・ワークス(3250)はNISAランキングの常連ですし、もらった新株予約権を株式市場で売却する投資家が増えそうです。

関連記事

アーカイブ

アクセス