初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

エヌ・デーソフトウェアのMBOによる上場廃止と株主優待、株主の今後について

2019.02.08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2月7日、東証2部上場のエヌ・デーソフトウェア(3794)は、MBO(経営陣等による自社買収)を発表しました。

MBOの実施及び応募の推奨に関するお知らせ

2019 年3月期配当予想の修正(無配)及び株主優待制度の廃止に関するお知らせ

TOB価格は1,700円、TOB期間は2019年2月8日(金)から3月25日(月)までの30営業日です。

手続きが順調に進むと、エヌ・デーソフトウェアは上場廃止になります。これに伴い、MBO成立を条件に、期末配当が無配になります。また、株主優待も廃止されます。

エヌ・デーソフトウェアの株主は、TOB(株式公開買付)に参加して、1,700円で保有株を買い取ってもらうか、もしくは、株価が1,700円に近づいたら、株式市場で売却することができます。

エヌ・デーソフトウェアの今後の株価について

日付 株価 前日比
2/07 1,321
2/08 1,621 +300
2/12 1,700 +79

2月8日終値1,621円。前日比300円ストップ高になりました。株価がTOB価格にサヤ寄せしています。

今後、1,700円近辺まで上昇し、何も起きなければ、上場廃止まで横ばいが続く見込みです。

2月12日にTOB価格に到達するでしょう。

TOBに参加するメリットについて

メリットは、TOB価格1,700円で買い取ってもらえること、TOBの手続きを経験できることです。

具体的には、エヌ・デーソフトウェアの株を購入した証券会社からSMBC日興証券に移管して(移動して)売却します。3月29日以降、投資資金が戻ってきます。

廃止になる株主優待

株主優待の詳細

(1)対象となる株主・・・毎年3月31日現在の株主名簿に記録された100株以上保有の株主
(2)株主優待の内容
・100株以上・・・図書カード500円分(1年未満)、図書カード1,000円分(1年以上)、図書カード1,500円分(3年以上)
・1,000株以上・・・図書カード1,000円分(1年未満)、カタログギフト3,600円相当(1年以上)、カタログギフト5,600円相当(3年以上)
・1万株以上・・・カタログギフト3,600円相当(1年未満)、カタログギフト5,600円相当(1年以上)、カタログギフト9,200円相当(3年以上)
・2万株以上・・・カタログギフト5,600円相当(1年未満)、カタログギフト9,200円相当(1年以上)、カタログギフト11,200円相当(3年以上)

エヌ・デーソフトウェアの株主優待は、図書カードまたは山形県産品カタログギフトです。

毎年3月末の株主は年1回、優待がもらえました。

今回のMBOにより、株主優待が廃止されます。2018年3月の優待が最後になります。

エヌ・デーソフトウェアの株主の今後について

エヌ・デーソフトウェア月足チャート

月足チャートです。

TOB価格1,700円は、2015年4月高値1,695円を上回ります。株主の多くが含み益の状態です。

(1)含み益たっぷりの投資家・・・TOB参加申込
(2)優待投資家・・・MBOの結果を見た後で別の優待銘柄に乗り換える
(3)資金回収を急ぐ投資家・・・株式市場で売却

(1)SMBC日興証券の口座を持っている投資家は、TOBに申し込んでみてはいかがでしょうか。

(2)MBOの結果で優待の継続(失敗)と廃止(成立)が決定します。結果がわかるのは3月26日以降です。3月優待銘柄の権利付最終日も3月26日です。

別の3月優待銘柄に駆け込むのはかなり厳しいと思います。26日の取引が終わる前に結果を発表してくれると、ギリギリ間に合いそうですね。

(3)2月12日に1,700円近辺まで上がりますから、最短で12日前場に売却できそうです。

(追記)エヌ・デーソフトウェアの上場廃止日決定

エヌ・デーソフトウェアの上場廃止が決定しました。上場廃止日は2019年6月18日(火)、売買最終日は6月17日(月)です。

株主の保有株は1,700円で強制買い取りとなります。6月21日以降、「1,700円×株数」の投資資金が戻ってきます。

株主のみなさん、どうもお疲れさまでした。

関連記事

アーカイブ

アクセス