初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

プロスペクト、決算提出でも株価が伸び悩む

2018.12.14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

プロスペクトを買ってみたの続きです。

12月13日、プロスペクトは2019年3月期第2四半期決算の発表を行いました。

2019年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

2019年3月期第2四半期報告書の提出及び当社株式の監理銘柄(確認中)の指定解除に関するお知らせ

これにより、東京証券取引所は、プロスペクトの監理銘柄(確認中)の指定を解除しました。

プロスペクト日足チャート

12月13日の14時24分からEDINETで、16時15分に適時開示情報閲覧サービスで、それぞれ発表がありました。

ほぼ同じ内容の発表が、別の場所で異なる時刻に行われています。非常に興味深いです。

EDINETで情報を見つけて買った投資家は、上場廃止リスクを取らずに儲けることができました。

一方、13日に急騰したため、14日になると伸び悩み、材料出尽くしで勢いがなくなってしまいました。

12月14日終値27円。出来高は13日が4720万2700株、14日が5341万7500株です。

管理人については、週末ということもあり、後場の寄り付きに28円で利益確定しました。

儲けは、たった700円ですが、損しなかっただけ良しとしましょう。

関連記事

アーカイブ

アクセス