初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

パイオニアの上場廃止と株主の今後について

2018.12.10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

12月7日、投資ファンド(ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア)は、東証1部上場のパイオニア(6773)を完全子会社化すると発表しました。

第三者割当による新株式発行(現物出資(デット・エクイティ・スワップ)および金銭出資)および定款の一部変更、株式併合および単元株式数の定めの廃止ならびに親会社および主要株主である筆頭株主の異動についてのお知らせ

パイオニアは2019年3月27日(水)に上場廃止になる予定です。売買最終日は3月26日(火)です。

(既存)株主の保有株は66.1円で買い取りとなります。3月31日以降、「66.1円×株数」の投資資金が戻ってきます。

パイオニアの今後の株価について

12月10日終値64円。前日比24円安(-27.27%)となりました。

株価が買取価格66.1円にサヤ寄せしています。プレミアムではなく、ディスカウントです。今後、何も起きなければ、上場廃止まで横ばいが続く見込みです。

パイオニアの株主の今後について

パイオニア月足チャート

月足チャート5年分です。買取価格66.1円が直近の株価を大きく下回っているため、ほとんどの株主が含み損の状態です。このまま上場廃止になると負けが確定します。

1月25日に臨時株主総会が開催されるので、納得がいかない方は参加してみてはいかがでしょうか。買取価格がもっと上がると良いのですが・・・。

(追記)パイオニアの上場廃止決定

パイオニアの上場廃止が決定しました。上記の通り、上場廃止日は2019年3月27日、売買最終日は3月26日で変更なしです。

買取価格も1株66.1円で変わりません。

株主のみなさん、どうもお疲れさまでした。

関連記事

アーカイブ

アクセス