初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

ユーシンの上場廃止と株主優待、株主の今後について

2018.11.08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

11月7日、東証1部上場のミネベアミツミ(6479)は、ユーシン(6985)に対してTOB(株式公開買付)を行うと発表しました。

ミネベアミツミ株式会社との経営統合に向けた同社による当社株式に対する公開買付けの開始予定に関する意見表明のお知らせ

TOB価格は985円、TOB開始は2019年1月下旬を予定しています。

手続きが順調に進むと、ユーシンは上場廃止になります。

ユーシンの株主は、TOBに参加して保有株を985円で買い取っても合うか、もしくは、株価が985円に近づいたら、株式市場で売却することができます。

ユーシンの今後の株価について

11月8日終値978円。株価がTOB価格にサヤ寄せしました。

今後、何も起きなければ、上場廃止まで横ばいが続く見込みです。

TOBに参加するメリットについて

メリットは、TOB価格985円で買い取ってもらえること、TOBの手続きを経験できることです。

具体的には、ユーシンの株を購入した証券会社から大和証券に移管して(移動して)売却します。

日程は後日発表されます。

ユーシンの株主優待について

株主優待の詳細

(1)対象となる株主・・・毎年12月末の株主名簿に記載または記録された100株以上保有の株主
(2)株主優待の内容
・100株以上・・・クオカード1,000円分(継続保有1年以上で2,000円分)
・1,000株以上・・・クオカード1,000円分(継続保有1年以上で2,000円分、2年以上で3,000円分)

ユーシンの株主優待はクオカードです。毎年12月末の株主は優待がもらえます。

TOB開始が2019年1月下旬を予定していること、優待廃止の発表がないことから、2018年12月の優待は実施されると思います。

不安な方は、ユーシンに電話して確認すると良いでしょう。

ユーシンの株主の今後について

ユーシン2018年11月7日・8日5分足チャート

まず、5分足チャートです。一部でウワサになっている値動きの怪しさについてです。

11月7日取引終了後、TOBが発表されました。ところが、ユーシンの株価は発表前の7日前場から値上がりしています。

もちろん、同じタイミングで2018年12月期第3四半期決算が発表されたため、好決算を先取りしたとの考え方もあります。

真相はわかりません。

ユーシン月足チャート

次に月足チャート。

リーマンショック後に買った投資家は含み益の状態です。TOB価格の高い安いは別にして、ユーシン株の売却で損をする人は少ないと思います。

ただ、TOBのスケジュールが確定していないので、株主は身動きが取りづらい状況になっています。

とりあえず、2018年12月優待の権利をもらって、その後どうするかで判断が分かれそうです。

仮に、管理人が優待目当てであれば、2019年12月の優待がないとわかった時点で別の銘柄に乗り換えます。

クオカードがもらえる企業は他にたくさんありますし、2019年3月の優待に間に合うように動きたいです。

関連記事

アーカイブ

アクセス