初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

FCMの上場廃止と株主の今後について

2018.11.02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

11月1日、アスパラントグループ(投資ファンド)が、FCM(5758)に対して、TOB(株式公開買付)を行うと発表しました。

株式会社アスパラントグループSPC5号による当社株式に対する公開買付けに関する意見表明のお知らせ

2019 年3月期配当予想の修正及び株主優待制度の廃止に関するお知らせ

今回のTOBは、大株主「古河電気工業」対象の第1回、一般投資家対象の第2回、の2回に分けて行われます。

私たちに関係があるのは、一般投資家向けの第2回です。

TOB価格は4,200円、TOB期間は2018年12月12日(水)から2019年1月30日(水)までの30営業日を予定しています。

手続きが順調に進むと、FCMは上場廃止になります。また、期末配当は無配に、株主優待もTOB成立を条件に廃止になります。

株主は、TOBに参加して4,200円で買い取ってもらうか、もしくは、株価が4,200円に近づいたら、株式市場で売却することができます。

FCMの今後の株価について

11月2日終値4,155円。株価が第2回のTOB価格にサヤ寄せしました。

今後、何も起きなければ、上場廃止まで横ばいが続く見込みです。

TOBに参加するメリットについて

メリットは、TOB価格4,200円で買い取ってもらえること、TOBの手続きを経験できることです。

ただ、第1回TOBが終了しないと確定しないので、詳細は未定です。

FCMの株主優待について

株主優待の詳細

(1)対象となる株主・・・毎年3月末の株主名簿に記載または記録され、200株以上を1年以上保有した株主
(2)株主優待の内容
・200株以上・・・全国百貨店共通商品券1万円分
・1,000株以上・・・全国百貨店共通商品券2万円分

FCMの株主優待は商品券です。1年以上継続保有すると、株主優待がもらえました。

TOBが成立すると、優待は廃止されます。2018年3月の優待が最後です。

FCMの株主の今後について

月足チャート

月足チャート5年分です。ほとんどの投資家が含み益の状態です。

TOBが成立すると優待がもらえなくなるので、優待投資家はもらえないとわかった時点で別の銘柄に乗り換えると良いでしょう。

また、資金回収を急ぐ方は、今の水準で利益確定しても問題ないですし、余裕がある方なら、そのまま待機でしょう。

とにもかくにも、第1回TOBの結果と、第2回TOBの詳細待ちですね。

関連記事

アーカイブ

アクセス