初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

アルパインが特別配当の実施を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アルパインの上場廃止と株主の今後についての続きです。

2018年12月26日に上場廃止になるアルパイン(6816)。アルプス電気(6770)の株式交換による完全子会社化を予定しています。

株式交換比率は、アルプス電気「1」に対して、アルパイン「0.68」です。現在、この比率がアルパイン側にとって低すぎるとして、物言う株主と会社側との対立が続いています。

そして9月27日、アルパインはこの比率を含む株式交換契約の承認を条件に、特別配当を実施すると発表しました。

アルプス電気株式会社との間の株式交換に関する臨時株主総会招集のための基準日設定及び剰余金の配当並びに最終検証に関するお知らせ

特別配当の詳細

今回の特別配当は、1株につき100円です。

2018年12月中旬予定の臨時株主総会で承認されると実施されます。

臨時株主総会で議決権を行使できる株主は、2018年10月15日が基準日となります。

もし、これから臨時株主総会に参加したい方は、10月10日までにアルパインを買えば間に合います。

アルパイン日足チャート

9月28日終値2,135円。アルプス電気の終値は2,886円です。

比率を計算すると、アルプス電気「1」に対してアルパイン「0.740」です。アルパインがかなり割高です。

物言う株主の存在により、比率の引き上げを期待する動きがあります。2017年9月中旬からずっと、この状態が続いています。

仮に、会社側の主張(比率そのまま)が通ったら、どこかで割高な状態が解消されます。アルプス電気に比べて、アルパインの株価が下落するでしょう。

下落しなければ、アルパインの上場廃止のときに、今より不利な条件(0.74→0.68)でアルプス電気の株に換わります。

アルパインの株主は、賛成反対どちらでも、議決権を行使することをオススメします。

棄権するのは非常にもったいない注目のイベントです。

関連記事

アーカイブ

アクセス