初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

日本レヂボンの株主優待はどうなる?

2014.11.06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

※日本レヂボンは上場廃止になりました。

株式会社ノリタケカンパニーリミテドによる当社普通株式に対する公開買付けに関する賛同意見表明及び応募推奨に関するお知らせ

平成27 年3月期配当予想の修正に関するお知らせ

日本レヂボンの期末配当が無配になりました。日本レヂボンの大株主であるノリタケカンパニーリミテド(5331)が、TOB(株式公開買付)を行います(ノリタケカンパニーリミテドが、日本レヂボン株主の保有株を920円で買い取る)。

日本レヂボンは上場廃止を予定しているので、配当金がなくなったようです。では、日本レヂボンの株主優待はどうなるのでしょうか?

日本レヂボンの株主優待(権利確定日:毎年3月31日)

日本レヂボンの株主優待はクオカードとカタログギフト券です。

・100株以上1,000株未満の株主・・・クオカード(500円相当)

・1,000株以上の株主・・・雑貨、食品約600点から選べるカタログギフト券(4,500円相当)

毎年3月末の株主にこちらの株主優待が送付されます。

日本レヂボンは、今回の発表の中で株主優待についてコメントしていません。仮に、管理人が株主であればどうするか? もちろん、株主優待狙いで買っているなら、別の銘柄に乗り換えます。

その理由は「日程」と「無配になった理由」です。

TOBがうまくいけば、次回の株主優待の権利確定日までに日本レヂボンが上場廃止になる可能性が高いです。ちなみに、昨年TOBで上場廃止になった銘柄のスケジュールはこちら。

・アシックス商事(2013年11月6日発表→2014年3月20日上場廃止)

・日立メディコ(2013年11月13日発表→2014年2月26日上場廃止)

サンプルが少なくて恐縮ですが、どちらも翌年3月末より早く上場廃止になっています。

また、無配になった理由に関するコメントもポイントです。

仮に当社が、平成27 年3月期の期末配当を行った場合には、本公開買付けに応募しない株主の皆様にだけ配当金が交付されることとなり、本公開買付けに応募する株主の皆様と応募しない株主の皆様との間で経済的効果に差異が生じる可能性があることから、株主の皆様の間での公平性を確保する観点から、本公開買付けが成立することを条件に・・・(以下略)

「TOBに参加(申込)した株主が配当金をもらえなくて、参加(申込)しなかった株主がもらえるのは公平じゃない」という考えです。これを踏まえると、株主優待も同じように廃止(もらえなくなる)にならないと”つじつま”があいません。

株主優待がなくなる前提で動いた方が合理的だと思います(TOB価格920円近くまで上がったら利益確定)。

関連記事

アーカイブ

アクセス