初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

2018年9月に上場廃止になる銘柄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ひさしぶりにネット証券にログインすると、「投資した企業がなくなっている」や、「知らない企業の株主になっている」ということがあります。

企業再編などで上場廃止になる銘柄(企業)は以下の通りです。

ソルガム・ジャパン・ホールディングス(6636)9月3日廃止

上場廃止基準に抵触した上場廃止(有報未提出)。

マネーゲームが発生し、利益を得た投資家がたくさんいたようです。

三信建設工業(1984)9月18日廃止

株主は、「670円×株数」の資金が戻ってくる。

さが美グループホールディングス(8201)9月26日廃止

株主は、「150円×株数」の資金が戻ってくる。

ITbook(3742)サムシングホールディングス(1408)9月26日廃止

経営統合で10月1日に新会社ITbookホールディングス(1447)が新規上場。ITbook100株は新会社100株に、サムシングホールディングス100株は新会社95株に、それぞれ換わる。


ITbookの株主は株数がそのまま、サムシングホールディングスの株主は単元未満株が発生する可能性があります。

TTK(1935)9月26日廃止

株主は、ミライト・ホールディングスの株に換わる。TTK1,000株がミライト・ホールディングス470株になる。

ミライト・ホールディングスの株主になると、2019年7月にクオカードが届きます。

SYSKEN(1933)、NDS(1956)、北陸電話工事(1989)9月26日廃止

株主は、コムシスホールディングスの株に換わる。SYSKEN100株はコムシスホールディングス104株に、NDS100株はコムシスホールディングス207株に、北陸電話工事100株はコムシスホールディングス17.8株に、それぞれ換わる。

各企業の株主は、単元未満株が発生する可能性があります。

日本電通(1931)、シーキューブ(1936)、西部電気工業(1937)9月26日廃止

株主は、協和エクシオの株に換わる。日本電通100株は協和エクシオ186株に、シーキューブ100株は協和エクシオ31株に、西部電気工業100株は協和エクシオ129株に、それぞれ換わる。

各企業の株主は、単元未満株が発生する可能性があります。

みんなのウェディング(3685)オウチーノ(6084)9月26日廃止

経営統合で10月1日に新会社くふうカンパニー(4399)が新規上場。みんなのウェディング100株は新会社100株に、オウチーノ100株は新会社425株に、それぞれ換わる。

企業名とコード番号が変更するので、知らないと戸惑うと思います。会社からの通知を忘れずに確認したいです。

第四銀行(8324)北越銀行(8325)9月26日廃止

経営統合で10月1日に第四北越フィナンシャルグループ(7327)が新規上場。第四銀行100株は新銀行100株に、北越銀行100株は新会社50株に、それぞれ換わる。

関連記事

アーカイブ

アクセス