初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

株式決済期間短縮は2019年7月16日から

2018.08.24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

株の購入から受渡まで3日かかっていた期間が2日に短縮されます。

変更は2019年7月16日(火)からです。

株式等の受渡日が1営業日早まります(日本証券業協会PDF)

これにより、配当金や株主優待の権利付売買最終日も変わります。

2019年7月優待銘柄の場合

7/20
権利確定
受渡までのスケジュール
7/16
(火)
7/17
(水)
7/18
(木)
7/19
(金)
7/20
(土)
7/16(火)
(従来)
取引 受渡
7/17(水)
(変更後)
取引 受渡
7/31
権利確定
受渡までのスケジュール
7/26
(金)
7/29
(月)
7/30
(火)
7/31
(水)
8/1
(木)
7/26(金)
(従来)
取引 受渡
7/29(月)
(変更後)
取引 受渡

7月31日が権利確定日の株主優待がほしいときは、従来の制度では7月26日(金)までに買う必要がありました。

短縮されたことにより、7月29日(月)までに買えば間に合うようになりました。

7月優待は他の月に比べて数が少ないので、日本駐車場開発(2353)、丸善CHIホールディングス(3159)、ダイドーグループホールディングス(2590)、鳥貴族(3193)、稲葉製作所(3421)、トーホー(8142)、モロゾフ(2217)など、特定の銘柄に人気が集中します。

直近の株価についても、どのように変化するか注目です。

関連記事

アーカイブ

アクセス