初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

日本海洋掘削のマネーゲームのコツ(3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

(2)の続きです。

本日7月23日は日本海洋掘削の上場廃止日です。20日が売買最終日でした。

終値は24円。高い値段でマネーゲームが発生したので、株価がなかなか下がりませんでした。

最後まで、倒産前の株主が優遇されていた印象です。

また、他の倒産企業と異なるのが、「上場廃止後の当社株式の取扱いに関するお知らせ」の発表がなかったことです。

上場廃止直前にこの発表があると、投資家の売り注文が出やすくなります。上場廃止日を強く意識するので、保有株の売却を促す効果があります。

日本海洋掘削はこの発表がなかったため、まとまった売り注文による株価急落がありませんでした。

日本海洋掘削2018年6月28日~7月4日5分足チャート

新スポンサー報道でマネーゲームが発生したときの5分足チャートです。

7月2日に急騰し、30円ストップ高の89円となりました。翌3日は買い注文が殺到してストップ高比例配分の119円。2営業日連続ストップ高です。

4日に高値136円をつけました。29日安値59円から約2.3倍に増えています。

ただし、136円になるまで3営業日かかってますから、リスクを取っても投資家の取り分はかなり少ないです。

全体的にタカタに比べると穏やかで、中規模程度のマネーゲームだったと言えます。

とにかく倒産直後の株価が高すぎた。これに尽きます。フライング気味に79円で始まってしまうと、厳しいですね。

マネーゲームに参加した投資家のみなさん、どうもお疲れさまでした。

関連記事

アーカイブ

アクセス