初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

カッパの株主優待に変更ナシ

2014.10.27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

※当サイトに訪問いただき、ありがとうございます。かっぱ寿司の株主優待変更による影響をご覧ください。

かっぱ寿司の株主優待はどうなるのか?のつづきです。

本日午前10時、コロワイド(7616)は、カッパ・クリエイトホールディングス(7421)に対して、TOB(株式公開買付)を行うと正式発表しました。カッパ・クリエイトホールディングスは上場廃止になりませんので、株主優待は以前と同じです。

仮に、株主優待に変更がある場合は、後日、変更の発表があると思います。

カッパ・クリエイトホールディングスの株主優待

株主優待について│投資家情報(カッパ公式サイト)

変更があれば、公式発表のほかに公式サイトの株主優待ページも変更されるので、すぐに把握できるでしょう。

カッパ・クリエイトホールディングスの月足

7421-2011-2014

カッパの月足3年分です。今回発表されたTOBの中で、もっとも重要なポイントはTOB価格の1,048円です。上記画像で黄色の線を引いてみました。

株主優待目的でカッパを長年保有している投資家であれば、ほとんどの人が影響ないと思われます。本日の株価1,026円で含み損になっている人は、2014年8月末の優待目当てに新規で購入した方くらいです。

株式会社コロワイドの連結子会社である株式会社SPC カッパによる当社株式に対する公開買付けに関する意見表明のお知らせ

第三者割当による新株式発行に関するお知らせ

あまりマニアックな話になるといけないので簡単に紹介。

コロワイド(の子会社)が、カッパの大株主(神明)等からカッパ株を1,048円で買い取るという話です。直近の株価よりも安い値段でのTOBのため、「ディスカウントTOB(反対はプレミアム)」と呼ばれています。

コロワイドはカッパの過半数(50.50%)の取得を目指しています。この数字に達しない場合は、50.50%になるよう、カッパが増資を行ってコロワイドが引き受けます。もちろん、私達一般投資家もTOBに参加(申込)することは可能です。

通常、こういう大口投資家のやりとりの場合、一般の個人投資家は蚊帳の外になるものです。今回は、「カッパと元気寿司との経営統合(白紙化)」や「コロワイドTOBの先行報道」など、いろいろな要因が重なって、株価が乱高下することになりました。

年に1回あるかないかのレアケースです。短期投資家以外は、あまり神経質にならなくて良いと思います。株主優待がなくなるなら別ですけどね。

関連記事

アーカイブ

アクセス