初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

W杯関連銘柄は、どこが本命なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

6月14日から始まるワールドカップロシア大会。サッカー日本代表が活躍すると、関連銘柄の株価も上がりやすくなります。

そこで、過去に代表が活躍したときに上昇した銘柄を振り返ってみたいと思います。

2011年女子ワールドカップ

なでしこジャパンが優勝した、2011年の女子ワールドカップドイツ大会。このときは、なでしこリーグのスポンサーだったプレナス(9945)の株価が上昇しました。

プレナス2011年5月~10月日足チャート

なでしこが勝ち進むにつれて、株価がグングン値上がりします。ピークは優勝の翌営業日である7月19日でした。

すごくわかりやすい右肩上がりのチャートです。

2010年ワールドカップ

ベスト16に進出した、2010年ワールドカップ南アフリカ大会。今と同じく、大会前の日本代表はボロボロでした。

しかし、カメルーンに1対0で勝利したときから状況が一変します。関連銘柄はクリップコーポレーション(4705)です。

クリップコーポレーション2010年5月~10月日足チャート

株価のピークは、決勝トーナメント進出が決まった後の6月25日です。

ベスト8をかけたパラグアイ戦が始まる頃には、すでに失速しています。ベスト16で満足してしまったかもしれません。

クリップコーポレーション2018年日足チャート

現在のクリップコーポレーションは、業績があまり良くないです。子供向けのサッカー教室が苦戦しているそうです。

6月6日終値933円。日本代表の状況とよく似ています。株価も先取りしていませんし、逆張りで買うなら今でしょう。

ただし、日本代表が活躍することが前提ですので、ギャンブルかもしれません。あのときの再現を期待したいです。

[BGM]タマシイレボリューション

関連記事

アーカイブ

アクセス