初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

CFSコーポレーションの株主優待はどうなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「日本一のドラッグストアチェーン」の構築を目指したウエルシアホールディングス株式会社と株式会社CFSコーポレーションの経営統合に向けた合意について

昨日10月22日取引終了後、ウエルシアホールディングス(3141)とCFSコーポレーションの経営統合が発表されました。では、これから両社の株主優待はどうなるのでしょうか?

ウエルシアとCFSの株主優待

株主優待制度(ウエルシアホールディングス公式)

ウエルシアホールディングスの株主優待は買物券・栄養ドリンク・新米等です。100株以上と500株以上の株主に贈られます(8月末)。

一方、CFSコーポレーションの株主優待は、5%割引券(株主優待カード)と3000円相当の買物券です。100株以上の株主はカード、500株以上の株主はカードと買物券がもらえます(2月末)。

今回のポイントは「優待の権利確定時期」です。ウエルシアホールディングスは8月末、CFSコーポレーションは2月末の株主が対象ですので、CFSは2015年2月の優待が最後ではないかと思います。

両社の優待を比べると、CFSの方が条件が良いので残念ですが、こればかりは仕方がないかなと(※後日、株主優待・配当金変更の発表が出てくる可能性があります)。

ウエルシアの株主優待がもらえないCFS株主

2015年9月以降、CFSコーポレーションの株はウエルシアホールディングスの株に換わります。そのときの基準になるのが「株式交換比率」です(現在未定、後日発表)。

以前、イオンとダイエーの株主優待を紹介しました。イオンとダイエーのときは、イオン「1」、ダイエー「0.115」だったため、ダイエーを約900株保有していないと、イオンの株主優待の条件である100株以上に届かない状況でした。これと同様の問題が起きるかもしれません。

本日の終値は、ウエルシアが3,680円、CFSが648円です(どちらも100株単位で購入可)。ウエルシアを「1」とすると、CFSは「0.176」になります。仮に、このままの比率が適用されるならば(今は株価が不安定ですので、まずありえないですが・・・)、CFSを500株保有していても、ウエルシア100株に届きません。

CFSコーポレーションを株主優待目当てで買っている投資家の多くは、資金効率を考えて、必要以上に株数を保有していないと思います。あくまで予想ですが、CFSの株主が、追加資金なしにウエルシアの株主優待をもらうのは、少し厳しそうです。

関連記事

アーカイブ

アクセス