初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

クックパッドが2018年12月期第1四半期決算を発表

2018.05.12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

5月10日、東証1部上場のクックパッド(2193)が2018年12月期の第1四半期決算を発表しました。

平成30年12月期第1四半期決算短信〔IFRS〕(連結)

決算補足説明資料

2018年3月期第1四半期

売上が18.7%マイナス、営業利益が57.8%マイナス、四半期利益が80.3%マイナスと、大幅な減収減益になりました。

レシピ動画のための投資で利益が減っています。結果が出るのは1年以上先になります。

これを株主が納得できるかという話です。

クックパッド日足チャート

5月11日終値556円。前日比75円安(-11.89%)でした。減益の大きさに投資家は驚き、大幅安になりました。

多角化からレシピ専門に原点回帰しましたが、売上は徐々に減っています。新しく手がける動画についても、すでに同業他社が多くて競争も激しいです。

ただ、クックパッドは優待があるので、株価が安くなると優待投資家の買いが入ります。

プレミアムサービス6ヶ月無料クーポンがもらえますし、1年継続保有で1年に延長します。投資資金6万円弱でプレミアムサービスをずっと使い続けることができるので、優待がなくならない限り、元が取れそうな印象です。

優待投資家の買い支えがあるうちに、業績が回復すると良いですね。

関連記事

アーカイブ

アクセス