初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

APAMANが決算・増配・優待廃止を発表

2018.05.02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

4月27日、ジャスダック上場のAPAMAN(8889)(アパマンショップ)が2018年9月期中間決算・配当予想の修正(増額)、株主優待の廃止を発表しました。

平成30年9月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

剰余金の配当(中間(特別配当)並びに増配)に関するお知らせ

株主優待制度の廃止に関するお知らせ

詳細は以下の通りです。

配当予想の修正

今期は中間配当(10円)が行われます。また、期末配当も2円増配(14円)しました。この結果、今期の年間配当は24円(前期12円)となります。

株主優待の詳細

(廃止になった優待)

(1)対象となる株主・・・毎年3月末の株主名簿に記載または記録された500株以上保有の株主
(2)株主優待の内容(ポイント)
・500株以上・・・3,500ポイント
・1,000株以上・・・7,000ポイント
・2,000株以上・・・15,000ポイント
・3,000株以上・・・2万ポイント

APAMANの株主優待は、食品や電化製品、ギフトなどと交換できる株主優待ポイントです。

毎年3月末の株主は年1回、優待がもらえました。今回、こちらの優待が廃止になります。

APAMAN日足チャート

5月2日終値1,311円。

優待がなくなる代わりに配当金が増えるので、大口投資家にとって「プラス」、一般の個人投資家にとって「ややプラス」、優待投資家にとって「マイナス」の結果となりました。

優待投資家による換金売りを、その他の投資家でどこまで支えられるかがポイントです。

関連記事

アーカイブ

アクセス