初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

マネックスグループとコインチェックの決算発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

4月26日11時40分、マネックスグループ(8698)が2018年3月期決算を発表しました。

2018年3月期決算短信(連結)

2018年3月期決算説明資料

この中にコインチェックの2018年3月期決算の数字があります。

マネックスグループ2018年3月期決算
2018年3月期
営業収益 536億3500万円
販管費 398億5300万円
営業利益 93億0200万円
当期利益 67億3000万円
コインチェック2018年3月期(見込み)
2018年3月期
売上高 626億円
販管費 88億円
営業利益 537億円
当期利益 63億円

※特別損失・・473億円

コインチェック2018年2月・3月の業績(見込み)
2018年2月・3月
売上高 20億円
販管費 15億円
営業利益 5億円

最も注目していたのが、コインチェックの営業利益です。

マネックスグループ全体で93億円に対して、コインチェックは537億円。ボロ儲けですね。

ネット証券の時価総額(4/26)と営業利益(2018年3月期)

松井証券:時価総額2769億円、営業利益185億3200万円
カブドットコム証券:時価総額1379億円、営業利益79億3400万円
マネックスグループ:時価総額1807億円、営業利益93億0200万円
※SBIと楽天は他の事業の占める割合が大きすぎるので省略

4月26日終値で松井証券・カブドットコム証券と比べてみました。

マネックスグループは、ちょうど2社の中間に位置します。マネックスグループの2018年3月期の業績には、コインチェックの数字が含まれていません。

株式市場も、コインチェックをまだ織り込んでいないようです。みなし業者ですし、ネム流出問題と仮想通貨バブル沈静化、競争激化による収益悪化など、懐疑的な見方が一般的です。

マネックスグループ日足チャート

4月27日終値624円。前日比46円安でした。

過去に株価が急騰したタイミングを見ると、(1)コインチェック買収報道、(2)正式発表、(3)マネックスグループ決算発表と、何かのイベントとセットになっています。

この傾向が続くなら、次回はコインチェックの業登録、サービスの全面再開がポイントになりそうです。

関連記事

アーカイブ

アクセス