初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

4月第2週のNISA口座

2018.04.15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

NISAランキング紹介です。SBI証券のNISAランキングでは、このような結果になりました。

買付金額ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,957
2 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,541
3 4755 楽天(12月優待) 794.1
4 4502 武田薬品工業 4,911
5 2809 キユーピー(11月優待) 2,451
6 8698 マネックスグループ 572
7 2930 北の達人コーポレーション 1,011
8 2928 ライザップグループ 1,820
9 9945 プレナス 1,847
10 4528 小野薬品工業 2,745.5

出来高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8918 ランド 16
2 8411 みずほフィナンシャルグループ 195.2
3 6628 オンキヨー 146
4 8698 マネックスグループ 572
5 3528 プロスペクト 51
6 4755 楽天(12月優待) 794.1
7 7638 NEW ART 29
8 9263 ビジョナリーホールディングス(4月・10月優待) 80
9 8925 アルデプロ 60
10 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,541

保有残高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 195.2
2 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,541
3 8031 三井物産 1,847.5
4 7201 日産自動車 1,125
5 7751 キヤノン 3,865
6 8267 イオン 2,004.5
7 7203 トヨタ自動車 6,910
8 2928 ライザップグループ 1,820
9 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,957
10 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 715.4

買付金額ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,541
2 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,957
3 4502 武田薬品工業 4,911
4 9984 ソフトバンクグループ 8,028
5 4755 楽天(12月優待) 794.1
6 8591 オリックス 1,862.5
7 9861 吉野家ホールディングス 2,009
8 2127 日本M&Aセンター 3,500
9 2751 テンポスホールディングス(4月優待) 2,618
10 2809 キユーピー(11月優待) 2,451

出来高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 195.2
2 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,541
3 4712 KeyHolder 112
4 9263 ビジョナリーホールディングス(4月・10月優待) 80
5 3528 プロスペクト 51
6 6628 オンキヨー 146
7 4755 楽天(12月優待) 794.1
8 9980 マルコ 328
9 8912 エリアクエスト(6月優待) 249
10 4222 児玉化学工業 143
10 7565 萬世電機

保有残高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,541
2 4661 オリエンタルランド 10,580
3 8411 みずほフィナンシャルグループ 195.2
4 8591 オリックス 1,862.5
5 9433 KDDI 2,774.5
6 7201 日産自動車 1,125
7 2928 ライザップグループ 1,820
8 3387 クリエイト・レストランツ・ホールディングス 1,228
9 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 2,957
10 3048 ビックカメラ 1,774

※2月・8月優待銘柄をピンクで表示、3月・9月優待銘柄をブルーで表示。

4月9日から13日までの様子です。前週に比べて、NISA口座・ジュニアNISA口座ともに、優待銘柄がよく買われています。

NISA口座で優待銘柄がこれだけランクインするのは珍しいです。ジュニアNISA口座が始まったときは、個人投資家が2つの口座を使い分ける傾向がありました。

最近は買いたい銘柄があれば併用しているようです。

個々の銘柄を見ると、2月優待がいつもより増えています。特に、プレナスのように、決算がよくなかった企業を優待目当てで買っておくと、株価が安いので投資資金を節約できます。

次週以降、3月優待銘柄で同様の動きがあるかもしれません。

関連記事

アーカイブ

アクセス