初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

東洋製罐とホッカンの経営統合が中止になる

2018.04.02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

3月30日、東証1部上場の東洋製罐グループホールディングス(5901)とホッカンホールディングス(5902)との経営統合が中止になると発表されました。

東洋製罐グループホールディングス株式会社とホッカンホールディングス株式会社の経営統合の中止に関するお知らせ

この結果、ホッカンホールディングスの上場維持も決定しました。

一般的に、経営統合が中止されると、統合後の相乗効果がなくなるため、期待先行で上がった分だけ、株価が値下がりする傾向があります。

ホッカンホールディングスはどうだったでしょうか?

ホッカンホールディングス日足チャート

4月2日終値378円。前日比2円高でした。

ほとんど変わっていません。最初の発表が2016年4月と、かなり前であること、たびたび中止の可能性が報道されていたこと、などから、すでに中止を織り込んでいたようです。

ちなみに、東洋製罐グループホールディングスはこちら

東洋製罐グループホールディングス日足チャート

4月2日終値1,573円。こちらもあまり変わりません。

経営統合が発表されてから、なかなか前に進まないと、決算や配当・優待など別の情報で株価が動くようになります。

早期決着が大事ですね。

関連記事

アーカイブ

アクセス