初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

リバウンドのNISA口座

2018.02.18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

NISAランキング紹介です。SBI証券のNISAランキングでは、このような結果になりました。

買付金額ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,454
2 8411 みずほフィナンシャルグループ 198.4
3 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 3,167
4 7201 日産自動車 1,115.5
5 8591 オリックス 1,868
6 9433 KDDI 2,601.5
7 9432 日本電信電話 4,702
8 7751 キヤノン 3,971
9 1570 日経平均レバレッジ上場投信 18,720
10 7867 タカラトミー 1,088

出来高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 198.4
2 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,454
3 7638 NEW ART 28
4 8918 ランド 16
5 3528 プロスペクト 61
6 9318 アジア開発キャピタル 11
7 7201 日産自動車 1,115.5
8 6773 パイオニア 197
9 6835 アライドテレシスホールディングス 137
10 5955 ヤマシナ 134

保有残高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 198.4
2 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,454
3 8031 三井物産 1,885
4 7751 キヤノン 3,971
5 8267 イオン 1,846.5
6 7201 日産自動車 1,115.5
7 7203 トヨタ自動車 7,208
8 2928 ライザップグループ 1,795
9 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 776.5
10 4502 武田薬品工業 5,949

買付金額ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,454
2 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 3,167
3 8411 みずほフィナンシャルグループ 198.4
4 9433 KDDI 2,601.5
5 8591 オリックス 1,868
6 7867 タカラトミー 1,088
7 1306 TOPIX連動型上場投資信託 1,791
8 6904 原田工業 1,208
9 7751 キヤノン 3,971
10 9861 吉野家ホールディングス 1,947

出来高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 198.4
2 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,454
3 3528 プロスペクト 61
4 6771 池上通信機 159
4 8029 ルックホールディングス(12月優待) 292
6 7867 タカラトミー 1,088
7 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 3,167
8 3237 イントランス 188
9 3315 日本コークス工業 110
9 8591 オリックス 1,868

保有残高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,454
2 4661 オリエンタルランド 10,465
3 8411 みずほフィナンシャルグループ 198.4
4 8591 オリックス 1,868
5 2928 ライザップグループ 1,795
6 7201 日産自動車 1,115.5
7 9433 KDDI 2,601.5
8 3387 クリエイト・レストランツ・ホールディングス 1,215
9 3048 ビックカメラ 1,645
10 7751 キヤノン 3,971

※2月・8月優待銘柄をピンクで表示、3月・9月優待銘柄をブルーで表示。

2月13日から16日までの様子です。4営業日のみでした。

営業日が少ないと、特定の投資家の取引がランキングに反映されやすくなります。この週では、ジュニアNISA口座の出来高ランキングで4位と9位の銘柄が重複しています。

ランキングは参考程度にご覧ください。

前週に比べて、決算銘柄が多いようです。決算集中日の翌営業日が2月13日に該当したため、NISA口座で活発に取引されています。

それ以外では、いつもの優待銘柄が買われました。すかいらーくと日本たばこ産業(JT)の人気が高く、家族向けの優待が好まれているようです。

次週、決算が一段落するので、決算銘柄の代わりにどんな銘柄がランキングに登場するか注目です。

関連記事

アーカイブ

アクセス