初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

UCSの上場廃止と株主の今後、株主優待について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2月6日、ユニーは、UCS(8787)を株式交換で完全子会社化すると発表しました。

ユニー株式会社による株式会社UCSの株式交換による完全子会社化に関するお知らせ

UCSは2018年4月25日に上場廃止となる予定です。売買最終日は4月24日です。

UCSの株主は保有株の対価として1株につき1,830円が支払われます(7月下旬)。これに伴い、期末配当および株主優待が廃止になります。

UCSの株主は、「1,830円×株数」の資金を受け取ることができますし、株価が1,830円に近づいたら、株式市場で売却することができます。

UCSの今後の株価について

日付 株価 前日比
2/6 1,497
2/7 1,797 +300
2/8 1,830 +400

2月6日終値1,497円。今後、UCSの株価は1,830円近辺まで上昇します。この現象をサヤ寄せといいます。その後、上場廃止まで横ばいが続く見込みです。

ただし、何か想定外のことが起きれば、それ以上に上昇する可能性もあります。

廃止になる株主優待について

株主優待の内容

(1)対象となる株主・・・・毎年2月末の株主名簿に記載または記録された100株以上保有の株主
(2)株主優待の内容・・・ポイント
・100株以上・・・1,000ポイント(1,000円相当)
・500株以上・・・2,000ポイント(2,000円相当)

UCSの株主優待はポイントでした。

株主の今後について

UCS月足チャート

2月7日終値1,797円。前日比300円ストップ高でした。

8日にいつも通りに戻りますから、その株価で判断したいです。ユニーがすでに80%超のUCS株を保有しているため、波乱は起きづらいでしょう。

配当金と株主優待がなくなるので、できるだけ早く別の銘柄に乗り換えるのも良し、ギリギリまで待つのも良し、どちらでも正解だと思います。

株価3,000円超の水準を知る投資家にすれば、もう少し高くしてほしいと感じるかもしれませんね。

関連記事

アーカイブ

アクセス