初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

1月第4週のNISA口座

2018.01.28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

NISAランキング紹介です。SBI証券のNISAランキングでは、このような結果になりました。

買付金額ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 9433 KDDI 2,819.5
2 8411 みずほフィナンシャルグループ 210
3 4755 楽天(12月優待) 1,020.5
4 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,588
5 6758 ソニー 5,285
6 7270 SUBARU 3,681
7 6506 安川電機 5,710
8 7201 日産自動車 1,182
9 2930 北の達人コーポレーション 2,619
10 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 840.9

出来高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 210
2 3250 エー・ディー・ワークス(6月・12月優待) 48
3 6502 東芝 317
4 3323 レカム 392
5 3528 プロスペクト 67
6 9704 アゴーラ・ホスピタリティー・グループ(12月優待) 39
7 8918 ランド 18
8 4755 楽天(12月優待) 1,020.5
9 9318 アジア開発キャピタル 13
10 2315 カイカ 71

保有残高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 210
2 8031 三井物産 1,944
3 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,588
4 7751 キヤノン 4,280
5 2928 ライザップグループ 1,980
6 7203 トヨタ自動車 7,608
7 8267 イオン 1,900
8 7201 日産自動車 1,182
9 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 840.9
10 4502 武田薬品工業 6,644

買付金額ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,588
2 9433 KDDI 2,819.5
3 4755 楽天(12月優待) 1,020.5
4 8591 オリックス 2,163
5 9945 プレナス 2,190
6 3387 クリエイト・レストランツ・ホールディングス 1,217
7 7270 SUBARU 3,681
8 8411 みずほフィナンシャルグループ 210
9 3048 ビックカメラ 1,688
10 9201 日本航空 4,208

出来高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 9704 アゴーラ・ホスピタリティー・グループ(12月優待) 39
2 8411 みずほフィナンシャルグループ 210
3 9318 アジア開発キャピタル 13
4 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,588
5 4755 楽天(12月優待) 1,020.5
6 3250 エー・ディー・ワークス(6月・12月優待) 48
7 6502 東芝 317
8 3237 イントランス 224
8 4563 アンジェス(6月・12月優待) 623
10 4582 シンバイオ製薬 244
10 6773 パイオニア 233
10 9980 マルコ 405

保有残高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,588
2 4661 オリエンタルランド 11,025
3 8411 みずほフィナンシャルグループ 210
4 8591 オリックス 2,163
5 2928 ライザップグループ 1,980
6 7201 日産自動車 1,182
7 3048 ビックカメラ 1,688
8 3387 クリエイト・レストランツ・ホールディングス 1,217
9 9433 KDDI 2,819.5
10 7751 キヤノン 4,280

※2月・8月優待銘柄をピンクで表示、3月・9月優待銘柄をブルーで表示。

1月22日から26日までの様子です。一見すると通常通りですが、全体的に売買が少ないようです。

特にジュニアNISA口座の出来高ランキングでは、第8位が2銘柄、第10位が3銘柄と、同じ順位に複数の銘柄が存在します。参考程度にご覧ください。

取引されている銘柄は、先週の傾向が続いているようです。「新」マークの銘柄もNISA常連が多く、変化がありません。

優待銘柄についても、おなじみのものですね。若干、6月・12月銘柄が多い気がしますが、アゴーラ・ホスピタリティー・グループやエー・ディー・ワークスは、優待がなくても超低位株で取引される銘柄ですから、視覚的に目立っているだけでしょう。

期待していた決算銘柄も少なく、これからでしょうか。

つみたてNISAに個人投資家が流れているかもしれない、と、かなり心配になる状況です。

関連記事

アーカイブ

アクセス