初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

年明けのNISA口座

2018.01.07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

NISAランキング紹介です。SBI証券のNISAランキングでは、このような結果になりました。

買付金額ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 3197 すかいらーく 1,614
2 9433 KDDI 2,841.5
3 7201 日産自動車 1,149
4 4755 楽天 1,013.5
5 8473 SBIホールディングス 2,697
6 2914 日本たばこ産業 3,645
7 7270 SUBARU 3,690
8 1357 日経平均ダブルインバース 1,177
9 9437 NTTドコモ 2,724
10 4579 ラクオリア創薬 2,541

出来高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 212.1
2 8918 ランド 17
3 2315 カイカ 73
4 3323 レカム 230
5 3197 すかいらーく 1,614
6 3528 プロスペクト 64
7 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 866.8
8 7201 日産自動車 1,149
9 3250 エー・ディー・ワークス 42
10 9318 アジア開発キャピタル 12

保有残高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 212.1
2 8031 三井物産 1,922.5
3 7751 キヤノン 4,262
4 3197 すかいらーく 1,614
5 2928 ライザップグループ 2,086
6 7203 トヨタ自動車 7,552
7 8267 イオン 1,935
8 7201 日産自動車 1,149
9 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 866.8
10 4502 武田薬品工業 6,568

買付金額ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 3197 すかいらーく 1,614
2 9433 KDDI 2,841.5
3 2685 アダストリア 2,221
4 2914 日本たばこ産業 3,645
5 1308 上場インデックスファンドTOPIX 1,917
6 8591 オリックス 2,005
7 1566 上場インデックスファンド新興国債券 54,100
8 9861 吉野家ホールディングス 1,924
9 8316 三井住友フィナンシャルグループ 5,095
10 3476 投資法人みらい投資証券 180,700

出来高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8918 ランド 17
2 3197 すかいらーく 1,614
3 8411 みずほフィナンシャルグループ 212.1
4 3528 プロスペクト 64
5 3250 エー・ディー・ワークス 42
6 8922 日本アセットマーケティング 129
7 9831 ヤマダ電機 626
8 1757 クレアホールディングス 23
8 8789 フィンテックグローバル 113
10 3323 レカム 230

保有残高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 4661 オリエンタルランド 10,370
2 3197 すかいらーく 1,614
3 8411 みずほフィナンシャルグループ 212.1
4 2928 ライザップグループ 2,086
5 8591 オリックス 2,005
6 7201 日産自動車 1,149
7 3387 クリエイト・レストランツ・ホールディングス 1,365
8 3048 ビックカメラ 1,643
9 9202 ANAホールディングス 4,737
10 7751 キヤノン 4,262

※2月・8月優待銘柄をピンクで表示、3月・9月優待銘柄をブルーで表示(今週お休み)。

1月4日・5日の様子です。市場全体は大幅に上昇しましたが、2営業日のみですから、参考程度にご覧ください。

保有残高ランキングのみコメント。

NISA口座では、すかいらーくとライザップグループの順番が入れ替わりました。どちらも優待銘柄として有名です。

2016年のNISA口座では見かけなかった両銘柄。2017年になって優待銘柄を積極的に買う動きがNISA口座でも拡大し、従来の東証1部の有名企業を押しのけるほど、順位を上げました。

今年は、みずほフィナンシャルグループを超えられるか注目です。

ジュニアNISA口座については、順位の変動はありません。「ジュニアNISA口座=優待銘柄」がすっかり定着した感じです。

第1位のオリエンタルランドは今は買えませんから、株価の上昇分だけで保有残高ランキングの上位をキープしています。オリエンタルランドの株主は、大きな含み益と定期的に届く「1デーパスポート」で笑いが止まらない状態です。

関連記事

アーカイブ

アクセス