初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

ストップ高後の株価

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

先日、とある情報を見て、ふと思ったのですが、「ストップ高になった銘柄の翌日以降の株価はどのように変化しているのだろうか?」と、すごく気になりました。

ただ、全ての市場のストップ高銘柄をひとつひとつチェックするわけにはいかないので、直近1週間の東証1部限定として調べることにしました。

※ストップ高・ストップ安・・・株式市場に上場する各銘柄には、1日で変動する値幅に制限が設けられています。その値幅の上限に達した状態を「ストップ高」、下限に達した状態を「ストップ安」といいます。例えば、前日の株価100円の銘柄は、当日のストップ高が150円、ストップ安が50円となります。詳しくは「値幅制限(ウィキペディア)参照」

 

(つづき)

5月12日ストップ高銘柄

コード 企業名 12日終値 13日寄付 13日高値 14日高値 結果
1871 PS三菱(2) 332 362 412 477
4680 ラウンドワン 870 860 870 917
7709 クボテック 26780 28300 29150 27300
9448 インボイス(2) 664 734 764 853

5月13日ストップ高銘柄

コード 企業名 13日終値 14日寄付 14日高値 15日高値 結果
3313 ブックオフ 841 940 940 879 ×
4340 シンプレクス(2) 38000 39200 42000 41850
4756 CCC 752 766 825 814
6731 ピクセラ 220 221 224 205
7915 日本写真印刷(2) 3310 3560 3810 3920
8173 上新電機 701 682 700 683

5月14日ストップ高銘柄

コード 企業名 14日終値 15日寄付 15日高値 18日高値 結果
1721 コムシスHD 932 902 908 921
5949 ユニプレス 772 692 732 737
9715 トランスコスモス 878 870 877 845

5月15日ストップ高銘柄

コード 企業名 15日終値 18日寄付 18日高値 19日高値 結果
5017 AOC 842 820 829 819
5802 住友電工 1005 1025 1043 1054
7276 小糸製作所 886 872 937 951
7561 ハークスレイ 848 808 841 840
8913 ゼクス 1334 1394 1412 1315

5月18日ストップ高銘柄

コード 企業名 18日終値 19日寄付 19日高値 結果
3104 富士紡 129 124 125
3107 ダイワボウ 358 353 363
3109 シキボウ 185 185 195
3202 大東紡 114 104 108
3204 トーア紡 99 89 90
3360 グリーンHS(2) 48200 52200 52200
3577 東海染工 105 85 88
4340 シンプレクス 45000 44200 44850
8095 イワキ 233 213 215

管理人の個人的な感想ですが、結論から先に言いますと「簡単ではないが、勝率はかなり高い」です。

↑の表ですが、ストップ高になった銘柄を翌日に飛びついて買ったとして、「その後儲かるかどうか?」を調べています。

例えば、12日にストップ高となったPS三菱(1871)の場合、ストップ高になったのを確認して、13日の寄り付きに362円で買ったとします。13日はその後412円まで値上がりしていますので、飛びついて買ったとしても利益確定の瞬間がありました。

また、13日に買った分を翌日(翌営業日)まで持ち越したらどうなるか?というわけで、14日の高値も書いています。PS三菱の場合は、14日も大きく値上がりしていますので、この場面でも利益確定の瞬間がありました。13日・14日ともに利益確定ができますので結果は「◎」となります。

なお、企業名の「(2)」は、「ストップ高が2日続いた」という意味です。18日の新型インフルエンザ関連銘柄は明日20日の高値はありませんので、省略しています。

株価をざっと眺めていただくとわかると思うのですが、14日ぐらいから、ストップ高の翌日に売り気配となり、寄り付いたあとリバウンドするケースが頻発しています。

このころから難易度がUPしているものの、複数銘柄に分散して投資(投機)すればトータルでプラスになるんじゃないかと思います。

最初は、チェックするまで「ボロ負けするんじゃないか?」と想像していたのですが、かなり意外な結果でした。

今は相場環境がすごく良いんだなと実感します。

関連記事

アーカイブ

アクセス