初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

鈴縫工業の上場廃止と株主の今後について

2017.12.20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

12月19日、東証2部上場の鈴縫工業(1846)は、MBO(経営陣等による自社買収)を発表しました。

MBOの実施及び応募の推奨に関するお知らせ

TOB価格は390円、TOB期間は2017年12月20日(水)から2018年2月13日(火)までの34営業日です。手続きが順調に進むと、鈴縫工業は上場廃止になります。期末配当も無配になる予定です。

鈴縫工業の株主は、TOBに参加して390円で保有株を買い取ってもらうか、もしくは、株価が390円に近づいたら、株式市場で売却することができます。

鈴縫工業の今後の株価について

12月19日終値327円。今後、鈴縫工業の株価は390円近辺まで上昇します。この現象をサヤ寄せといいます。その後、上場廃止まで横ばいが続く見込みです。

となるところでしたが、今回は例外が発生しました。

TOBに参加するメリットについて

メリットは、TOB価格390円で買い取ってもらえること、TOBの手続きが経験できることです。

具体的には、鈴縫工業株を、購入した証券会社からSMBC日興証券に移管して(移動して)売却します。投資資金が戻ってくるのは2018年2月19日以降になります。

TOBに参加するには、SMBC日興証券の口座が必要です。

鈴縫工業の株主の今後について

鈴縫工業月足チャート

過去5年分の月足チャートです。TOB価格の水準に黄色の線を引いています。ほとんどの株主が含み益の状態です。

ただし、12月20日終値391円となり、TOB価格を上回る水準まで上昇しました。これは、多くの投資家が納得していない、もしくは何かが起きる可能性を示しています。

会社側も指摘しているように、TOB価格390円が1株純資産507円より大幅に下回っているので、安すぎるとの判断でしょう。

管理人が株主であれば、2018年2月上旬まで待って、TOB価格引き上げに賭けたいです。

関連記事

アーカイブ

アクセス