初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

中央ビルト工業、決算出せずに株価急落

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

12月13日21時50分、東証2部上場の中央ビルト工業(1971)が、2018年3月期第2四半期決算を期限までに提出できないと発表しました。

平成30 年3月期第2四半期報告書の期限までの提出遅延及び当社株式の監理銘柄(確認中)指定の見込みに関するお知らせ

一般的に、3月企業の第2四半期決算発表は10月下旬から11月中旬に行われます。中央ビルト工業は提出期限延長を申請し、12月14日までの承認を受けていました。

ところが、承認された期限にも間に合わず、今回のIRとなりました。

今後、12月26日までに提出できないと、中央ビルト工業は上場廃止になります。

中央ビルト工業日足チャート

12月15日終値986円。14日から、俗に言う「バケツリレー」のような下落を続けています。

過去の事例を考えると、決算が出せれば安心感から株価が反発します。

一方、出せない場合は、「出せない」という発表が行われる予定です。

26日取引終了後までに決算が出るか、「出せない」発表が行われるか、どちらになるかわかりません。

もちろん、この段階での投資は控えたいです。かなり崖っぷちですから、投資後に上場廃止が決定すると、損失が確定します。

結論が出るまで待ちたいです。

当社は、平成29年12月26日までに平成30年3月期第2四半期報告書を提出すべく、追加調査の実施について検討中です。

株主としては、この文言に期待したいですね。

関連記事

アーカイブ

アクセス