初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

低位株・超低位株・仕手株の傾向と対策(4月7日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

以前、去年の年末から今年の初旬に「低位株・超低位株・仕手株」の紹介をしていました。しかし、今現在起きている状況は、そのときと若干異なる動きを見せています。詳しく見てみましょう。

低位株の値上がり率上位銘柄(6日・7日)

コード 企業名 6日終値 前日比 7日終値 前日比
1805 飛島建設 35 +14 30 -5
8029 ルック 94 +20 89 -5
6217 津田駒 128 +24 123 -5
1814 大末建設 30 +5 39 +9
5352 黒崎播磨 204 +34 196 -8
7248 カルソニック
カンセイ
173 +28 170 -3
6315 TOWA 171 +26 194 +20
8763 富士火災 127 +19 118 -9

4月6日に大きく値上がりした銘柄をピックアップして、7日にどの程度変化したのか並べてみました。

一見すると、前日比プラスがたった2銘柄しかありませんので、「上昇があまり続いていないな」という印象を受けるかもしれません。

ただ、7日に値下がりした銘柄の中でも、津田駒・カルソニックカンセイ・富士火災はそれ以前から上昇している低位株です。

デイトレードのように、低位株の値上がりの初動を捉える方法を選択しなくても、比較的スムーズに上昇する銘柄をキャッチできるのではないかと思います。

あと、低位株がそろって値上がりしているときには、「小売業・機械・自動車等々・・」のように業種別に把握するよりも、価格帯別でグループ化した方が、効率的でしょう。

もちろん、「電池関連銘柄」であれば、FDK等をまとめてチェックすればいいのですが、そういうわかりやすい日ばかりじゃないので、別の方法を使いたいです。

3月決算が本格化するまで、この傾向がもうしばらく続いてくれればいいなと期待しています。

「業績の下方修正」発表を上手に避けつつ、低位株の値上がり益をゲットしたいです。

関連記事

アーカイブ

アクセス