初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

アークのディスカウントTOBについて

2017.11.30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

11月29日、東証1部上場の三井化学(4183)は子会社を通じて、アーク(7873)に対してTOB(株式公開買付)を行うと発表しました。

株式会社エムシーインベストメント01による当社株式に対する公開買付けに関する意見表明のお知らせ

TOB価格は100円、TOB期間は2017年11月30日(木)から2018年1月17日(水)までの30営業日です。

アークは現時点で上場廃止を予定していません。

アーク日足チャート

11月30日終値124円。高値132円まで急騰しました。低位株のディスカウントTOBが発表されると、こういうことがよく起きます。

ディスカウントTOBを行うメリット

今回のような手法は、大口投資家による取引でよく見られます。ディスカウントTOBであれば、株価より安いTOB価格で申し込む投資家が限られます。

株式市場で大量に保有株を売却すると値崩れを起こすので、まとめて売りたい大口投資家(オリックスなど)とまとめて買いたい大口投資家(三井化学)との取引をスムーズにつなぐことができます。

株価がこれからTOB価格を下回ることはないのか?

可能性は低いですが、あるでしょう。

ソフィアホールディングス日足チャート

直近の事例では、ソフィアホールディングス(6942)が該当します。

11月30日終値1,690円。TOB価格1,700円ですから、すでに株価が下回っています。ソフィアホールディングスのケースでは、TOB発表直後に株価が下落しました。

ただし、こうなると逆にチャンスがやってきます。株式市場で安く買ってTOBに申し込むと、差額が儲かる可能性があるからです。

アークも同様の状況になるとは言えませんが、100円割れを待つのはアリだと思います。

関連記事

アーカイブ

アクセス