初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

アサツーディ・ケイへのTOB期間を再び延長

2017.11.22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アサツーディ・ケイの上場廃止と株主の今後についての続きです。

11月21日午後、WPPグループがアサツーディ・ケイ(9747)のTOB(株式公開買付)に応じると報道されました。

取引終了後の18時40分、アサツーディ・ケイも正式発表し、同時にTOB期間延長も発表します。

当社の株券等に対する公開買付けにおけるWPPグループの応募及び提携関係解消の合意について

ビーシーピーイーマディソンケイマンエルピーによる当社株券等に対する公開買付けの公開買付期間延長等に関するお知らせ

TOB価格は3,660円で変わらず、TOB期間は10月3日(火)から12月6日(水)までの44営業日に再延長されました。

アサツーディ・ケイと対立していたWPPが保有株売却を決めたことにより、TOB成立の可能性が以前より高まりました。

アサツーディ・ケイ日足チャート

11月22日終値3,650円。前日比5円高です。TOB価格3,660円に黄色の線を引いています。

TOB発表直後はTOB価格を上回る水準で株価が推移していました。ところが、11月に入って下落。20日には3,390円の安値を付けます。

株価3,390円÷TOB価格3,660円×100=92.62%

TOB価格の92.62%の水準というのは、かなり安いです。TOBが失敗すると考える人が多かったかもしれません。

2017年11月21日~22日5分足チャート

直近2日間の5分足チャートはこちら。

報道直後に株価が急騰し、TOB価格にサヤ寄せしました。TOB成立の可能性が高まったことから、ほぼ同じ水準になっています。

株価3,650円÷TOB価格3,660円×100=99.7%

上場廃止が決定した銘柄の場合、株価がTOB価格の99.5%くらいで推移することが多いです。

この2日間の株価を見ると、投資家は、これでほぼ決まり、と見ているようです。

さて、どうなるでしょうか。

関連記事

アーカイブ

アクセス