初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

フィスコ(3807)のその後

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「フィスコ(3807)」の続きです。

フィスコ(3807)の日足チャート

3807200901200902_2

本日、フィスコ(3807)の連続ストップ高記録がストップしました。それにしてもすごいチャートです。19回連続でストップ高となり、19回目の本日、寄り付いた後ストップ安になりました。

寄り付きが10時19分、一転売り気配となったのが10時28分ですから、逃げるにはたった9分しかありませんでした。判断の遅れが命取りになります。

ただ、新興市場(今回は大証ヘラクレス)のこういう急騰・急落のチャートで9分も考える時間があったのは、まだ条件が整っていた方ではないかと思います。一瞬にして買い気配が売り気配に変化するケースもありますので。

大量保有報告書のほうですが、こちらは大きな変動が起こったとの発表はありません。

大口投資家の方がどのタイミングで動くか全くわかりませんが、そのときが来るまで、しばらく下向きのチャートが続くのではないかと思います。

(追記)

2月の1ヶ月間で株価が12000円から92000円まで上昇。19回連続ストップ高で7.67倍になりました。実際に投資していれば、どんな心境だったんでしょうね?

関連記事

アーカイブ

アクセス