初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

郵船ロジスティクスの上場廃止と株主優待、株主の今後について

2017.10.31

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

10月31日前場終了後、東証1部上場の日本郵船(9101)は、郵船ロジスティクス(9370)に対してTOB(株式公開買付)を行うと発表しました。

支配株主である日本郵船株式会社による当社株式に対する公開買付けに関する賛同の意見表明及び応募の推奨に関するお知らせ

TOB価格は1,500円、TOB期間は11月1日(水)から12月14日(木)までの30営業日です。手続きが順調に進むと、郵船ロジスティクスは上場廃止になります。

郵船ロジスティクスの株主は、TOBに参加して1,500円で保有株を買い取ってもらうか、もしくは、株価が1,500円に近づいたら、株式市場で売却することができます。

郵船ロジスティクスの今後の株価について

日付 株価 前日比
10/30 1,018
10/31 1,318 +300
11/01 1,500 +300

今後、郵船ロジスティクスの株価は1,500円近辺まで上昇します。この現象をサヤ寄せといいます。その後、上場廃止まで横ばいが続く見込みです。

ただ、最近はTOB価格を上回るケースもあります。

TOBに参加するメリット・デメリットについて

メリットは、TOB価格1,500円で買い取ってもらえること、TOBの手続きが経験できることです。

具体的には、郵船ロジスティクス株を、購入した証券会社からカブドットコム証券へ移管して(移動して)売却します。12月21日以降、投資資金が戻ってきます。

なお、TOBに参加(申込)する場合は証券口座が必要です。カブドットコム証券は有名ですから、ほとんどの投資家が証券口座を持っていると思います。

株主優待の詳細

株主優待の内容(パッケージツアー割引券)

(1)対象となる株主・・・毎年3月31日現在の株主名簿に記載または記録された100株以上保有の株主
(2)株主優待の内容
・100株以上・・・パッケージツアー割引券2枚
・1,000株以上・・・パッケージツアー割引券5枚
※1枚につき2名有効、1名につき1回10万円まで割引、有効期間は毎年7月1日から翌年6月30日までの1年間(3)発送時期・・・6月下旬発送予定

株主優待の内容(クオカード)

(1)対象となる株主・・・毎年3月31日現在の株主名簿に記載または記録された100株以上保有の株主
(2)株主優待の内容
・3年未満・・・クオカード1,000円分
・3年以上・・・クオカード1,500円分
※3年以上継続保有・・・毎年3月末・9月末の株主名簿に同一株主番号で7回以上記載または記録された株主
(3)発送時期・・・6月下旬発送予定

郵船ロジスティクスの株主優待は、パッケージツアー割引券とクオカードです。毎年3月末の株主は優待がもらえます。

ただし、過去のTOBのスケジュールを考えると、2018年3月末の優待はもらえないかもしれません。

おそらく、2018年1月下旬~2月に上場廃止になるかなと。正式発表がないので詳細はわかりませんが、2017年優待が最後の可能性が高いです。管理人の予想です。

郵船ロジスティクスの株主の今後について

郵船ロジスティクス月足チャート

過去3年分の月足チャートです。TOB価格1,500円の水準に黄色の線を引いています。

2015年12月に1,712円の高値を付けました。TOB価格より高い値段で買った投資家がかなりいると思います。

管理人が株主であれば、TOB期間ギリギリまで待って(12月上旬)、株価が1,500円を上回っているなら様子見、1,500円を下回っているならTOBに申し込むと思います。

優待目当ての方であれば、優待廃止が発表されるまで(上場廃止が決定するまで)待つのもアリかなと。

いずれにしても、TOB価格が安いので、何か起きそうな雰囲気があります。

関連記事

アーカイブ

アクセス