初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

日立国際電気のTOB開始を発表

2017.10.12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

米国ヘッジファンドが日立国際電気株を買い増しの続きです。

10月11日、KKR(投資ファンド)は、延期していた日立国際電気へのTOB開始を発表しました。

HKEホールディングス合同会社による株式会社日立国際電気(証券コード 6756)に対する公開買付けの開始に関するお知らせ

TOB価格は2,503円から2,900円へ引き上げられました。TOB期間は10月12日(木)から11月24日(金)までの30営業日です。

日立国際電気の株主は、TOBに参加(申込)して2,900円で保有株を買い取ってもらうことができます。

具体的には、日立国際電気の株を、購入した証券会社からSMBC日興証券に移管して(移動して)売却します。投資資金が戻ってくるのは12月1日以降になります。

ヘッジファンドの取得状況(9月28日発表分)

日立国際電気には、別のファンドが買い増しを続けています。9月28日に7.11%まで保有比率を高めたと発表しました。

日立国際電気日足チャート

10月12日終値3,020円。TOB価格より高い水準です。

10月10日~12日5分足チャート

11日朝、TOB価格が3,000円前後まで引き上げられるとの報道があったため、株価が乱高下しています。

株主の今後について

ヘッジファンドの動向次第ですが、管理人が株主であれば、TOB期間ギリギリ(11月上旬くらい)まで待って、株価が3,000円を超えていれば様子見、2,900円以下であればTOBに申し込むと思います。

なお、TOBに申し込むにはSMBC日興証券の口座が必要です。参加予定の方はお早めにどうぞ。

関連記事

アーカイブ

アクセス