初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

9月最後のNISA口座

2017.10.01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

NISAランキング紹介です。SBI証券のNISAランキングでは、このような結果になりました。

買付金額ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 7201 日産自動車 1,114.5
2 6178 日本郵政 1,329
3 8411 みずほフィナンシャルグループ 197.1
4 2928 ライザップグループ 1,331
5 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,663
6 9437 NTTドコモ 2,570.5
7 9504 中国電力 1,195
8 9505 北陸電力 944
9 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 3,688
10 9832 オートバックスセブン 1,824

出来高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 197.1
2 8107 キムラタン 61
3 9318 アジア開発キャピタル 15
4 2315 カイカ 72
5 7201 日産自動車 1,114.5
6 6178 日本郵政 1,329
7 2928 ライザップグループ 1,331
8 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 730.7
9 3528 プロスペクト 52
10 6502 東芝 315

保有残高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 197.1
2 7203 トヨタ自動車 6,710
3 8031 三井物産 1,663
4 7751 キヤノン 3,845
5 8267 イオン 1,662.5
6 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 730.7
7 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,663
8 2928 ライザップグループ 1,331
9 4502 武田薬品工業 6,214
10 7201 日産自動車 1,114.5

買付金額ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,663
2 7201 日産自動車 1,114.5
3 6178 日本郵政 1,329
4 8411 みずほフィナンシャルグループ 197.1
5 9832 オートバックスセブン 1,824
6 2928 ライザップグループ 1,331
7 8591 オリックス 1,814.5
8 9831 ヤマダ電機 615
9 6412 平和 2,231
10 9437 NTTドコモ 2,570.5

出来高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 197.1
2 6178 日本郵政 1,329
3 2315 カイカ 72
4 9831 ヤマダ電機 615
5 7201 日産自動車 1,114.5
6 8585 オリエントコーポレーション 183
7 3245 ディア・ライフ 473
8 3390 INEST 141
9 9832 オートバックスセブン 1,824
10 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,663

保有残高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 4661 オリエンタルランド 8,574
2 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,663
3 8411 みずほフィナンシャルグループ 197.1
4 8591 オリックス 1,814.5
5 2928 ライザップグループ 1,331
6 3387 クリエイト・レストランツ・ホールディングス 1,167
7 7751 キヤノン 3,845
8 9202 ANAホールディングス 4,259
9 7203 トヨタ自動車 6,710
10 3048 ビックカメラ 1,251

※2月・8月優待銘柄をピンクで表示、3月・9月優待銘柄をブルーで表示。

9月25日から29日までの様子です。9月26日が9月優待銘柄の権利付売買最終日だったため、優待銘柄が買われています。

ただし、前週よりも数は少ないです。それに代わり、日本郵政がランキングに入っています。

日本郵政を中長期で保有する目的なのか、それとも短期の値幅取りを狙っているのか、今のところよくわかりません。もし、中長期を考えているなら、保有残高ランキングに日本郵政が入ってくると思います。

逆に、短期投資であれば、数ヶ月後になっても、日本郵政を見ることはないでしょう。

その保有残高ランキングでは、ライザップグループが順位を上げています。ライザップグループは株主優待がありますし、短期的に株価も上昇しているので買いやすいかもしれません。

意外だったのが、選挙関連銘柄がほとんどないことです。政策が注目されるのはもう少し先のようです。

関連記事

アーカイブ

アクセス