初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

選挙モードのNISA口座

2017.09.24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

NISAランキング紹介です。SBI証券のNISAランキングでは、このような結果になりました。

買付金額ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 7201 日産自動車 1,152
2 1357 日経平均ダブルインバース 1,662
3 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,623
4 8411 みずほフィナンシャルグループ 198.9
5 9437 NTTドコモ 2,579
6 9202 ANAホールディングス 418.1
7 2928 ライザップグループ 2,200
8 2914 日本たばこ産業(6月・12月優待) 3,674
9 6412 平和 2,208
10 6178 日本郵政 1,363

出来高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 198,9
2 8107 キムラタン 6
3 2315 カイカ 70
4 8918 ランド 16
5 9318 アジア開発キャピタル 13
6 7201 日産自動車 1,152
7 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 723.7
8 3250 エー・ディー・ワークス(6月・12月優待) 40
9 6502 東芝 302
10 9202 ANAホールディングス 418.1

保有残高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 198.9
2 7203 トヨタ自動車 6,733
3 8031 三井物産 1,689.5
4 7751 キヤノン 3,773
5 8267 イオン 1,620.5
6 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 723.7
7 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,623
8 7201 日産自動車 1,152
9 4502 武田薬品工業 6,090
10 2928 ライザップグループ 2,200

買付金額ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,623
2 3528 プロスペクト 52
3 6773 パイオニア 211
4 1357 日経平均ダブルインバース 1,662
5 7201 日産自動車 1,152
6 1570 日経平均レバレッジ上場投信 16,390
7 9831 ヤマダ電機 593
8 8411 みずほフィナンシャルグループ 198.9
9 8929 青山財産ネットワークス(6月優待) 1,230
10 3481 三菱地所物流リート投資法人 276,900

出来高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 3528 プロスペクト 52
2 6773 パイオニア 211
3 8411 みずほフィナンシャルグループ 198.9
4 8107 キムラタン 6
5 2315 カイカ 70
6 8416 高知銀行 125
7 1757 クレアホールディングス 29
8 3250 エー・ディー・ワークス(6月・12月優待) 40
9 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,623
10 7201 日産自動車 1,152

保有残高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 4661 オリエンタルランド 8,398
2 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,623
3 8411 みずほフィナンシャルグループ 198.9
4 8591 オリックス 1,835.5
5 3387 クリエイト・レストランツ・ホールディングス 1,163
6 7203 トヨタ自動車 6,733
7 7751 キヤノン 3,773
8 9202 ANAホールディングス 418.1
9 7201 日産自動車 1,152
10 2928 ライザップグループ 2,200

※2月・8月優待銘柄をピンクで表示、3月・9月優待銘柄をブルーで表示。

9月19日から22日までの様子です。18日が祝日だったため4営業日の結果です。

10月下旬に予定されている衆議院議員選挙に向けて、株式市場でも先取りする動きが見られます。

例えば、日経平均レバレッジ上場投信のように、市場全体の上昇で利益を得られる銘柄があります。逆に日経平均ダブルインバースも買われているため、日経平均株価2万円を高いと感じている投資家もいるようです。

優待銘柄は9月を中心に12月銘柄も買われているようです。9月26日が権利付売買最終日のため、配当金狙いも含まれているでしょう。

次週以降、選挙関連銘柄がランキングに入ってくるか注目しています。

関連記事

アーカイブ

アクセス