初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

新晃工業が株主優待を変更

2017.09.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

9月20日、東証1部上場の新晃工業(6458)が株主優待の変更を発表しました。

株主優待制度の変更に関するお知らせ

変更の内容は以下の通りです。

株主優待の詳細

(変更前)

(1)対象となる株主・・・毎年3月31日現在の株主名簿に記載または記録された100株以上保有の株主
(2)株主優待の内容・・・カタログギフト3,000円相当

(変更後)

(1)対象となる株主・・・毎年3月31日現在の株主名簿に記載または記録された100株以上保有の株主
(2)株主優待の内容
・100株以上(1年未満)・・・図書カード1,000円分
・100株以上(1年以上)・・・カタログギフト3,000円相当
・1,000株以上(1年以上)・・・カタログギフト5,000円相当
※継続保有1年以上・・基準日(3/31・9/30)の株主名簿に同一株主番号で連続して3回以上記載または記録された株主

新晃工業の株主優待はカタログギフトです。今回の変更により、1年未満の株主(100株)と1年以上の株主(1,000株)が新設されました。

前回の株主優待をもらった株主(100株以上1,000株未満)は、内容に変更はありません。ただし、途中で売却して買い直すと、「同一株主番号で連続3回以上」が達成できません。図書カード1,000円分に変わります。

2018年3月31日の株主から対象となるので、2018年3月27日までに買えば(図書カード)間に合います。

新晃工業日足チャート

9月21日終値1,785円。前日比2円高でした。新規投資家向けの優待が図書カードですから、株価へのインパクトはあまり大きくなかったです。

また、来年3月末の株主が対象のため、当分先の話と判断されているようです。

関連記事

アーカイブ

アクセス