初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

リスク回避のNISA口座

2017.09.17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

NISAランキング紹介です。SBI証券のNISAランキングでは、このような結果になりました。

買付金額ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 191.2
2 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,619
3 7201 日産自動車 1,129
4 9437 NTTドコモ 2,539.5
5 1357 日経平均ダブルインバース 1,732
6 9984 ソフトバンクグループ 8,587
7 8267 イオン 1,616.5
8 3105 日清紡ホールディングス 1,328
9 9202 ANAホールディングス 419.8
10 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 681.6

出来高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 191.2
2 2315 カイカ 65
3 9318 アジア開発キャピタル 15
4 8918 ランド 16
5 6502 東芝 317
6 3318 メガネスーパー(4月・10月優待) 69
7 3528 プロスペクト 53
8 3250 エー・ディー・ワークス(6月・12月優待) 42
9 2768 双日 301
10 6969 松尾電機 97

保有残高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 191.2
2 7203 トヨタ自動車 6,480
3 8031 三井物産 1,659.5
4 7751 キヤノン 3,799
5 8267 イオン 1,616.5
6 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 681.6
7 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,619
8 4502 武田薬品工業 6,115
9 7201 日産自動車 1,129
10 9202 ANAホールディングス 419.8

買付金額ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 7201 日産自動車 1,129
2 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,619
3 8411 みずほフィナンシャルグループ 191.2
4 1357 日経平均ダブルインバース 1,732
5 1356 TOPIXベア2倍上場投信 3,025
6 2702 日本マクドナルドホールディングス(6月・12月優待) 4,955
7 3244 サムティ(11月優待) 1,660
8 9830 トラスコ中山(12月優待) 2,697
9 9202 ANAホールディングス 419.8
10 8591 オリックス 1,765

出来高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 9318 アジア開発キャピタル 15
2 8411 みずほフィナンシャルグループ 191.2
3 2315 カイカ 65
4 8604 野村ホールディングス 614.8
5 6502 東芝 317
5 7201 日産自動車 1,129
7 3242 アーバネットコーポレーション 333
8 3770 ザッパラス 421
9 9202 ANAホールディングス 419.8
10 3521 エコナックホールディングス 77
10 6494 NFKホールディングス 76
10 6508 明電舎 397
10 6969 松尾電機 97
10 8304 あおぞら銀行(3月・6月・9月・12月優待) 422

保有残高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 4661 オリエンタルランド 8,412
2 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,619
3 8411 みずほフィナンシャルグループ 191.2
4 8591 オリックス 1,765
5 3387 クリエイト・レストランツ・ホールディングス 1,172
6 7751 キヤノン 3,799
7 7203 トヨタ自動車 6,480
8 9202 ANAホールディングス 419.8
9 3048 ビックカメラ 1,269
10 7201 日産自動車 1,129

※2月・8月優待銘柄をピンクで表示、3月・9月優待銘柄をブルーで表示。

9月11日から15日までの様子です。北朝鮮問題により、個人投資家がかなり用心深くなっています。

特に、ジュニアNISA口座でその傾向が顕著です。出来高ランキングは同じ順位の銘柄が複数存在します。参加者が少ないときに見られる傾向です。

個別の銘柄では、市場全体が急落したときに儲かりやすい「日経平均ダブルインバース」や「TOPIXベア2倍」がランキングに入っています。株価の下落を警戒しているのでしょう。

優待銘柄については、やや9月銘柄が多いですが、いつも取引されている銘柄が含まれるために傾向がわかりづらいです。10月・11月・12月銘柄を先取りする動きも本当なのかわかりません。

次週以降、例年の傾向に戻るか注目です。

関連記事

アーカイブ

アクセス