初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

三重銀行と第三銀行の経営統合の詳細発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

三重銀行と第三銀行が経営統合を発表。株主の今後と株主優待についての続きです。

9月15日前場終了後、両行の経営統合の詳細が発表されました。

株式会社第三銀行と株式会社三重銀行の共同株式移転の方式による経営統合に関する最終契約締結及び株式移転計画書の作成について

手続きが順調に進むと、三重銀行と第三銀行が2018年3月28日に上場廃止となり、4月2日に「三十三(さんじゅうさん)フィナンシャルグループ」が上場します。

重要な比率は、三重銀行「1」に対して、第三銀行「0.7」です。三重銀行の株主は、三重銀行1株に対して新会社1株が、第三銀行の株主は、第三銀行1株に対して新会社0.7株が、それぞれ割り当てられます。

株主の今後について

両行の株主は、上場廃止以降、保有株が新会社の株に換わります。新会社は100株単位で取引される予定です。三重銀行100株は新会社100株に、第三銀行100株は新会社70株になります。

第三銀行の株主は単元未満株が発生する可能性があります。

三重銀行2017年9月15日5分足チャート

9月15日終値2,585円。前日比67円高(+2.66%)でした。前場終了後に比率が発表されたため、後場開始直後、発表前の株価で「割高」となる三重銀行が売られました。いわゆる「サヤ寄せ」です。しかし、取引終了前に上昇しています。

第三銀行2017年9月15日5分足チャート

9月15日終値1,785円。前日比173円高(+10.73%)でした。比率の恩恵を受けたのは第三銀行です。発表前の株価で「割安」だったため、第三銀行の株価が急騰しました。こちらも「サヤ寄せ」が起きています。

今後、特別な出来事が起きなければ、両行の株価は「1」と「0.7」でほぼ釣り合うように動きます。上場廃止までこの状況が続きます。

株主優待について

経営統合のスケジュールを考えると、2018年3月末の優待が最後となり、4月から新会社の優待へ移行するようです。

もちろん、新会社が株主優待を実施することが前提です。どんな優待が始まるのか楽しみですね。

関連記事

アーカイブ

アクセス