初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

日本無線の株主が棚ぼた。が、値幅制限の影響で儲け損なう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

※ある制度に別の要因が加わると、その制度に歪み(ひずみ)が起きる話です。

日本無線の上場廃止と株主の今後についての続きです。

日本無線は、日清紡ホールディングスの完全子会社となるため、9月27日に上場廃止になります。

株式交換比率は、日清紡ホールディングス「1」に対して、日本無線「1.28」です。日清紡ホールディングスの株価が上がると、日本無線の株価はその1.28倍に上昇します。

そして、9月13日。日本無線の株主に“棚ぼた”がやってきました。親会社となる日清紡ホールディングスが燃料電池関連銘柄として注目され、株価が急騰したからです。株式交換比率のおかげで、無関係の日本無線も同じように上がります。

日清紡ホールディングス日足チャート

日清紡ホールディングスは13日に終値1,475円まで上昇し、前日比300円ストップ高になりました。翌14日も高値1,548円まで上昇し、関連銘柄として、とても盛り上がりました。

株式交換比率を考えると、日本無線も13日は1,888円に、14日は1,981円になっておかしくありません。

日本無線日足チャート

ところが、ここに値幅制限の壁が立ちはだかります。

日本無線は13日終値1,783円(+300円)で止められてしまいました。

値幅制限の足かせ

値幅制限(ウィキペディア)

日本の株式市場は、株価の異常な変動を防ぐために、1日で動く値幅に制限を設定しています。

値幅制限表

株価 値幅
1円以上100円未満 上下30円
100円以上200円未満 上下50円
200円以上500円未満 上下80円
500円以上700円未満 上下100円
700円以上1,000円未満 上下150円
1,000円以上1,500円未満 上下300円
1,500円以上2,000円未満 上下400円
2,000円以上3,000円未満 上下500円

※3,000円以上省略

株価1,000円以上1,500円未満の価格帯は上下300円、株価1,500円以上2,000円未満の株価は上下400円です。

この日はどんなに上がる可能性があっても、300円でストップとなります。

値幅制限の仕組みは、投資家に冷静な行動を促すことができるため、とてもすばらしい制度だと思います。

ところが、今回のケースでは、逆に正常な価格形成を妨げる結果になりました。

日本無線の株主は13日に1,888円で売れるはずが、1,783円で売らされています。差額105円分を儲け損ないました(儲け損なった分は、1,783円で買った投資家の利益となる)。

嬉しさ半分の状況です。

関連記事

アーカイブ

アクセス