初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

第一三共の株価急騰と売買停止

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

8月31日午後、英国アストラゼネカ社が第一三共(4568)に対して、買収提案を行ったという記事が出ました。

英アストラゼネカ社、第一三共に買収提案(日経ビジネスオンライン)

この情報をきっかけに、第一三共の株価が急騰。東証は、14時17分から第一三共の売買を停止しました。

第一三共日足チャート

高値2,800.5円。TOB価格を意識した急騰だったと思われます。

第一三共2017年8月31日1分足チャート

1分足チャートがこちらです。14時から上がり始めて、高値を付けた後で急落します。17分には売買が停止されたため、投資家は不安だったと思います。

さらに、追い打ちをかけるように、19時20分、会社側がコメントを発表します。

本日の一部報道について

本日、当社が過去に英国アストラゼネカ社から買収提案を受けた旨の報道が日経ビジネスからありましたが、そのような事実は一切ございません。

企業買収に関する報道で、その可能性があるときは「当社が発表したものではない」とか「提案の事実は認めるが、時期が来たら発表する」など、含みを持たせた表現になることが多いです。

今回の場合は「全否定」なので、ここから正式発表になれば、かなり珍しいケースに該当します。

2,800円で買った投資家が利益確定できる状況になればいいですね。

関連記事

アーカイブ

アクセス