初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

郷鉄工所のマネーゲームのコツ(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

8月10日取引終了後、郷鉄工所(6397)の上場廃止が決定しました。郷鉄工所は9月11日に上場廃止になります。売買最終日は9月8日です。いつものように、マネーゲームのコツを紹介します。

株価に影響を与える要因をチェック

株価上昇 株価下落
(1)スポンサー決定 (3)大株主の売却
(2)上場維持 (4)倒産
(1)スポンサー決定

スポンサー決定は、郷鉄工所を支援する企業が新しく発表された場合です。正式発表だけでなく、ウワサでも株価が反応することがあります。

ただし、郷鉄工所は決算を期限までに提出できなかった企業ですから、期待できません。

(2)上場維持

上場維持とは、郷鉄工所の上場維持が、ささやかれ始めた場合です。可能性はほぼないでしょう。

(3)大株主の売却

大株主の売却とは、上場廃止企業の大株主が保有株の売却を発表した場合です。

株式市場で売却すれば株価への影響が大きくなります。大株主の動向については、企業のIRもしくは大量保有報告書で確認できます。

(4)倒産

倒産とは、郷鉄工所が倒産する場合です。もちろん、一般論です。

郷鉄工所2017年8月14日5分足チャート

始値22円、高値40円、安値22円、終値35円、出来高2246万9000株。前日比11円高(+45.83%)でした。いきなりマネーゲームが始まりました。

市場全体が冴えない中、短期資金の運用先として郷鉄工所が選ばれたようです。タカタで味を占めた投資家がたくさん集まっているでしょう。

なお、郷鉄工所は1,000株単位で取引する銘柄です。マネーゲームに参加するには少なくとも3万円~4万円の投資資金が要ります。タカタは100株で買えたので、そのときに比べると、ちょっとリッチなマネーゲームです。

関連記事

アーカイブ

アクセス