初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

アルパインの上場廃止と株主の今後について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

7月25日、東証1部のアルプス電気(6770)とアルパイン(6816)は、株式交換による経営統合を発表しました。

アルプス電気株式会社とアルパイン株式会社の経営統合に関するお知らせ(アルプス電気株式会社とアルパイン株式会社の株式交換契約の締結(簡易株式交換)並びにアルプス電気株式会社の会社分割による持株会社体制への移行及び商号変更その他の定款の一部変更)

アルパインは2018年12月26日に上場廃止になります。

重要な株式交換比率は、アルプス電気「1」に対して、アルパイン「0.68」です。上場廃止後、アルパイン1株は、アルプス電気0.68株に換わります。

アルパインの株価について

今後、両社の株価は「1」と「0.68」でほぼ釣り合うように動きます。7月27日終値はアルプス電気3,250円、アルパイン1,710円です。

仮に、アルプス電気が3,250円のままだとすると、

3,250円×0.68=2,210円

となり、アルパインは現時点で500円割安の状態です。

ただし、アルプス電気の株価も常に変動するので、アルプス電気4,000円とアルパイン2,720円、アルプス電気2,000円とアルパイン1,360円という組み合わせもありえます。

株主の今後について

アルパインの株主は、上場廃止以降、保有株がアルプス電気株に換わります。アルパイン100株はアルプス電気68株になります。

アルプス電気は100株単位で取引するので、68株だと単元未満株です。

単元未満株は、SBI証券マネックス証券カブドットコム証券などのネット証券を利用すれば普通に売買できます。単元未満株でも株数に応じて配当金がもらえるので問題ありません。

両社ともに株主優待もないですし、アルパイン株をそのまま保有し続けて、アルプス電気の株主になると良いでしょう。

アルパインの上場廃止日は2018年12月26日です。まだまだ先の話ですから、じっくり考える時間がありますね。

関連記事

アーカイブ

アクセス