初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

続マネーゲームでフル稼働するNISA口座

2017.07.23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

NISAランキング紹介です。SBI証券のNISAランキングでは、このような結果になりました。

買付金額ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 198.4
2 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,669
3 8267 イオン 1,709
4 4503 アステラス製薬 1,360
5 4666 パーク24(10月優待) 2,784
6 3543 コメダホールディングス 1,803
7 7201 日産自動車 1,136
8 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 713.6
9 6753 シャープ 387
10 8591 オリックス 1,761

出来高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8918 ランド 18
2 8411 みずほフィナンシャルグループ 198.4
3 7312 タカタ 36
4 2315 カイカ 53
5 3250 エー・ディー・ワークス 51
6 6502 東芝 277.5
7 1552 国際のETF VIX短期先物指数 80
8 32509 エー・ディー・ワークス新株予約権 11
9 4222 児玉化学工業 102
10 3390 INEST 141

保有残高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 198.4
2 7751 キヤノン 3,856
3 8031 三井物産 1,610
4 7203 トヨタ自動車 6,126
5 8267 イオン 1,709
6 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 713.6
7 4502 武田薬品工業 5,745
8 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,669
9 6753 シャープ 387
10 9202 ANAホールディングス 393.7

買付金額ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 198.4
2 8572 アコム 482
3 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,669
4 8591 オリックス 1,761
5 4503 アステラス製薬 1,360
6 9831 ヤマダ電機 563
7 3543 コメダホールディングス 1,803
8 4666 パーク24(10月優待) 2,784
9 3279 アクティビア・プロパティーズ投資法人 投資証券 472,500
10 3758 アエリア(12月優待) 3,290

出来高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 198.4
2 8918 ランド 18
3 4222 児玉化学工業 102
4 7312 タカタ 36
5 2315 カイカ 53
6 1552 国際のETF VIX短期先物指数 80
7 8572 アコム 482
8 3387 クリエイト・レストランツ・ホールディングス 1,110
9 2134 燦キャピタルマネージメント 97
10 9101 日本郵船 211

保有残高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 4661 オリエンタルランド 7,723
2 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,669
3 8411 みずほフィナンシャルグループ 198.4
4 8591 オリックス 1,761
5 3387 クリエイト・レストランツ・ホールディングス 1,110
6 7751 キヤノン 3,856
7 7203 トヨタ自動車 6,126
8 3048 ビックカメラ 1,210
9 9202 ANAホールディングス 393.7
10 2928 ライザップグループ 1,890

※2月・8月優待銘柄をピンクで表示、3月・9月優待銘柄をブルーで表示。

7月18日から21日までの様子です。17日が祝日だったため、4営業日のみの取引となりました。

全体的に先週と同じ傾向を引き継いでいるようです。マネーゲーム対象銘柄が活発に取引されています。タカタとエー・ディー・ワークス、エー・ディー・ワークス新株予約権がランキングに入っています。

また、最近の株価上昇に伴い、個人投資家に警戒感があるようです。市場全体が急落すると利益が得られる国際のETF VIX短期先物指数が買われています。

その分、あおりを受けたのが優待銘柄です。特に、ジュニアNISA口座の出来高ランキングは優待銘柄が半分以下に減少しました。

なお、次週以降、タカタはもうすぐ上場廃止(7/27)になりますし、マネーゲーム銘柄も勢いが落ち着くと思います。大きく変化する傾向を見てみたいです。

関連記事

アーカイブ

アクセス