初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

エー・ディー・ワークスのライツ・オファリング(4)

2017.07.13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

(3)の続きです。

本日7月13日は、エー・ディー・ワークス新株予約権(32509)の新規上場日でした。

(株)エー・ディー・ワークス第20回新株予約権(コード3250-9)の上場日の基準値段について(東証)

基準値段は4円、ストップ高が34円、ストップ安が1円です。基準値段の計算式は、エー・ディー・ワークスの12日終値が43円だったので

43円-39円(新株の値段)=4円

となります。では、この日の新株予約権の取引はどうだったでしょうか?

ADワークス新株予約権2017年7月13日5分足チャート

始値3円、高値3円、安値2円、終値2円でした。2円から3円を行ったり来たり。バーコードですね。

ADワークス日足チャート

エー・ディー・ワークスの株価は42円。前日比1円安です。

(親株)42円-(新株)39円=3円>2円(新株予約権の値段)

となり、エー・ディー・ワークスの株価と新株予約権の値段が“ほぼ”釣り合った状態です。

仮に、新株予約権の値段が大幅に割安であれば、新規の投資家が株式市場で新株予約権を購入し、その新株予約権を使って新株を調達、株式市場で新株を売却すると利益が得られます。

例えば、エー・ディー・ワークスの株価が50円、新株予約権の値段が5円だとすると、

(1)新株予約権を5円で100株購入
(2)新株予約権を使って、39円で新株を100株調達する
(3)株式市場で新株を50円で売却

と進みます。

この売買で得られる利益は600円です。ここから売買手数料が差し引かれます。

目ざとい投資家は、常に、この儲けを狙っているので、両者の値段を比較しながら眺めると興味深いです。

新株予約権の権利行使について

エー・ディー・ワークスのライツ・オファリングは、新株予約権の権利行使のスケジュールと上場期間がほとんど同じです。

権利行使:2017年7月13日~9月12日
上場期間:2017年7月13日~9月5日

これが何を意味するかというと、新株が株式市場に流通するスピードがいつもより早いということです。

先ほど、管理人が買った証券会社で確認してみたら、権利行使から5営業日~6営業日で、新株が株式市場で売れるようになるとのことでした。他の証券会社でもほぼ同じです。

新株が流通し始めると、株価が値崩れを起こしやすくなります。エー・ディー・ワークスの株価が下がる可能性があるので、来週後半が節目になるでしょう。

それまでに、上がりやすい材料が出てくれるといいんですけどね。

関連記事

アーカイブ

アクセス