初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

7月最初のNISA口座

2017.07.09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

NISAランキング紹介です。SBI証券のNISAランキングでは、このような結果になりました。

買付金額ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 2928 ライザップグループ 1,764
2 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,665
3 7751 キヤノン 3,652
4 3543 コメダホールディングス 1,819
5 2809 キユーピー(11月優待) 2,781
6 3825 リミックスポイント 1,218
7 9980 マルコ 525
8 8704 トレイダーズホールディングス 330
9 7201 日産自動車 1,146.5
10 8267 イオン 1,734

出来高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8918 ランド 17
2 7312 タカタ 26
3 8411 みずほフィナンシャルグループ 205.9
4 3323 レカム 124
5 5721 エス・サイエンス 187
6 8704 トレイダーズホールディングス 330
7 2315 カイカ 58
8 6502 東芝 261.9
9 2538 ジャパン・フード&リカー・アライアンス 46
10 2928 ライザップグループ 1,764

保有残高ランキング

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 205.9
2 7203 トヨタ自動車 6,157
3 8031 三井物産 1,608
4 7751 キヤノン 3,652
5 8267 イオン 1,734
6 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 754
7 4502 武田薬品工業 5,637
8 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,665
9 6753 シャープ 406
10 7201 日産自動車 1,146.5

買付金額ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 4661 オリエンタルランド 7,502
2 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,665
3 2928 ライザップグループ 1,764
4 3543 コメダホールディングス 1,819
5 6753 シャープ 406
6 3258 ユニゾホールディングス 2,575
7 6839 船井電機 1,053
8 2702 日本マクドナルドホールディングス(6月・12月優待) 4,320
9 8591 オリックス 1,775.5
10 9831 ヤマダ電機 565

出来高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 6016 ジャパンエンジンコーポレーション 143
2 3323 レカム 124
3 3777 ジオネクスト 57
4 9202 ANAホールディングス 378.6
5 5721 エス・サイエンス 187
6 6753 シャープ 406
7 8411 みずほフィナンシャルグループ 205.9
8 9980 マルコ 525
9 3390 INEST 97
10 8105 堀田丸正 494

保有残高ランキング(ジュニアNISA)

順位 前週比 コード 銘柄名 現在値
1 4661 オリエンタルランド 7,502
2 3197 すかいらーく(6月・12月優待) 1,665
3 8411 みずほフィナンシャルグループ 205.9
4 8591 オリックス 1,775.5
5 3387 クリエイト・レストランツ・ホールディングス 1,013
6 7751 キヤノン 3,652
7 7203 トヨタ自動車 6,157
8 9202 ANAホールディングス 378.6
9 3048 ビックカメラ 1,168
10 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 754

※2月・8月優待銘柄をピンクで表示、3月・9月優待銘柄をブルーで表示。

7月3日から7日までの様子です。今週は買付金額ランキングが優待銘柄、出来高ランキングが短期投資銘柄、とはっきり分かれています。

いつもであれば、ジュニアNISA口座の出来高ランキングでも優待銘柄が多数を占めることが多いです。しかし、今回は短期が多いです。マルコや堀田丸正はライザップグループですから、優待銘柄というより短期の傾向が強いです。

優待銘柄を見てみると、6月・8月・9月と、まんべんなく取引されているようです。あまり変わった動きはありません。

その他、保有残高ランキングは銘柄の入れ替わりが、さらに激しくなっています。NISA口座では、ANAホールディングスが日産自動車へ、ジュニアNISA口座では、ライザップグループが三菱UFJフィナンシャル・グループへ、それぞれ入れ替わりました。

最近、相場環境が良くて個人投資家の参加が活発になっています。しかし、2014年に始まったNISAも4年目を迎え、非課税期間(5年間+α)の終了時期が少しずつ近づいています。2014年に買った分の利益確定が進んでいるかもしれません。

関連記事

アーカイブ

アクセス