初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

フード・プラネットのマネーゲームのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

4月28日、東証2部上場のフード・プラネット(7853)の上場廃止が決定しました。上場廃止日が5月29日(月)、売買最終日は5月26日(金)です。

当社株式の上場廃止の決定及び整理銘柄への指定に関するお知らせ

そこで、マネーゲームのコツについて紹介します。

株価に影響を与える要因をチェック

株価上昇 株価下落
(1)スポンサー決定 (3)大株主の売却
(2)上場維持 (4)倒産

(1)スポンサー決定は、フード・プラネットを支援する企業が現れた場合です。ウワサで株価があがることもあります。

(2)上場維持は、フード・プラネットの上場維持がささやかれ始めた場合です。ただ、上場廃止の理由が不適切会計なので、その可能性はかなり低いです。

(3)大株主の売却は、(1)と逆に、大株主が保有株を売却するときです。2016年9月時点で投資ファンド等がフード・プラネット株を保有しています。大口投資家の動きが知りたいときは、大量保有報告書を確認すると良いでしょう。

(4)倒産は、企業が倒産する場合です。フード・プラネットが倒産するというわけではありません。一般論です。倒産によって売り注文が殺到します。上場廃止が早まり、取引期間が短縮されることもあります。

フード・プラネット日足チャート

5月1日終値4円。上場廃止決定で投資家の処分売りが出ました。リバウンドも起きていません。T&Cメディカルサイエンスのようにマネーゲームが起きるか、もしくは、サハダイヤモンドのように何も起きずにそのまま廃止となるか。明日の取引が分岐点になります。

フード・プラネットは100株単位で買いやすいのと、すでに株価が1ケタなので、希望の値段まで下がれば、少しだけ買ってみようと思います。株価上昇をあまり期待せず、廃止後の情報収集をメインにする予定です。

関連記事

アーカイブ

アクセス