初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

パナホーム、株式交換からTOBに変更

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

続きです。

4月21日、東証1部上場のパナソニック(6752)は、パナホームの株式交換をやめて、TOB(株式公開買い付け)による完全子会社化に変更しました。

支配株主であるパナソニック株式会社との株式交換契約の合意解約並びに同社による当社株式に対する公開買付けに関する賛同意見及び応募推奨に関するお知らせ

TOB価格は1,200円、TOB期間は2017年4月28日から6月13日までの30営業日です。

手続きが順調に進むと、パナホームは上場廃止となります。

パナホームの株主は、TOBに参加(申込)して1,200円で保有株を買い取ってもらうか、もしくは、株価が1,200円に近づいたら株式市場で売却することができます。

過去記事はこちらです

パナホームの今後の株価について

日付 株価 値幅
4/21 1,031
4/24 1,200 +300

今後、パナホームの株価は1,200円付近まで上昇する予定です。ただ、TOB価格引き上げ期待があるので、1,200円を超えるかもしれません。

TOBに参加するメリット・デメリットについて

メリットは、TOB価格1,200円で買い取ってもらえること、TOBの手続きが経験できることです。デメリットは、投資資金の回収が遅くなること、手続きが面倒なことです。

具体的には、パナホーム株を、購入した証券会社から野村證券に移管(移動して)売却します。投資資金が戻ってくるのは、6月20日以降になります。

パナホームの株主の今後について

パナホーム日足チャート

海外の投資ファンド(オアシスマネジメントカンパニーリミテッド)がパナホームを買い進めた結果、8.95%を保有する大株主となりました。

会社側が株式交換からTOBに変更したとは言え、このまま、すんなり終わるかわかりません。もう一波乱ありそうな雰囲気です。

利益確定はもう少し待った方が良いです。

株主のみなさん、おめでとうございます。

関連記事

アーカイブ

アクセス