初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

丸栄が夜間取引で140円をつける

2017.04.13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

丸栄の上場廃止と株主優待、株主の今後についての続きです。

4月13日、丸栄は30円ストップ高の110円に急騰しました。

丸栄2017年4月13日気配値

大量の買い注文が殺到し、取引終了時に比例配分となっています。

丸栄のTOB価格は128円ですから、運良く110円で買うことができれば、その差額が儲けとなります。

儲け=(128円-110円)×株数

プラチナチケットですね。そのため、110円で買いたいと思う投資家が殺到します。

今日買えた人は、TOBに参加(申込)して128円で買い取ってもらうか、14日以降の株式市場で売却することができます。

丸栄2017年4月13日夜間取引

そして、本日の夜間取引の様子です。TOB価格128円を上回る値段で売買が成立しています。

TOB価格を知っている人からすれば「どうしてこんな値段で買うのだろうか?」と不思議に思うかもしれません。

しかし、夜間取引ではよく起きる現象です。

(1)TOBを知らずに、株式市場でストップ高になった銘柄をとりあえず買う人
(2)TOB価格を上回っても、さらに高い値段で売れば大丈夫と考えている人
(3)TOB価格の引き上げやマネーゲーム(祭り)の可能性を期待している人

などが考えられます。成功する確率はかなり低いですが、過去にうまくいったケースもあります。

たぶん、こういう現象が起きると、TOB発表前の株主がサクッと利益確定すると思います。流動性を高める意味でも、これらの投資家の存在はすごく大きいです。

夜間取引に参加するには、SBI証券の口座が必要になります。市場価格とのギャップを突きたい人は、夜間取引をお試しください。

関連記事

アーカイブ

アクセス