初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

ベスト電器の上場廃止と株主の今後、株主優待について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

4月12日、東証1部上場のヤマダ電機(9831)は、ベスト電器(8175)を株式交換で完全子会社化すると発表しました。

株式会社ヤマダ電機による株式会社ベスト電器の簡易株式交換による完全子会社化に関するお知らせ

ベスト電器は2017年6月28日に上場廃止となります。売買最終日は6月27日です。

最も重要な株式交換比率は、ヤマダ電機「1」に対して、ベスト電器「0.28」です。上場廃止後、ベスト電器1株は、ヤマダ電機0.28株に換わります。

ベスト電器の株価について

今後、両社の株価は「1」:「0.28」でほぼ釣り合うように動きます。本日の終値がヤマダ電機550円、ベスト電器154円です。

550円×0.28=154円

となり、発表前の株価がすでに釣り合った状態になっています。とても珍しい現象です。

しかし、ベスト電器が割安ではないので、サヤ寄せによる儲けはありません。ヤマダ電機の株価が上がって、いっしょに上がることを期待しましょう。

株主の今後について

ベスト電器の株主は、上場廃止以降、保有株がヤマダ電機株に換わります。ベスト電器100株は、ヤマダ電機28株になります。

ヤマダ電機は100株単位で取引するので、28株だと単元未満株です。

単元未満株は、SBI証券マネックス証券カブドットコム証券などのネット証券では、割安な手数料で売買できます。ベスト電器をこれらのネット証券で買っていれば、全く問題なくヤマダ電機株を持ち続けても良いと思います。

単元未満株でも、株数に応じて配当金がもらえます。

ヤマダ電機とベスト電器の株主優待について

問題は株主優待です。

ヤマダ電機の株主優待

(3月末)

・100株・・・500円割引券×2枚

・500株・・・500円割引券×4枚

・1,000株・・・500円割引券×10枚

・1万株・・・500円割引券×50枚

※1,000円以上の買い物につき、1枚利用可能。

※1年以上継続保有で3枚追加、2年以上で4枚追加

(9月末)

・100株・・・500円割引券×4枚

・500株・・・500円割引券×6枚

・1,000株・・・500円割引券×10枚

・1万株・・・500円割引券×50枚

※1,000円以上の買い物につき、1枚利用可能。

※1年以上継続保有で1枚追加

ヤマダ電機の株主優待は500円分の割引券です。1,000円の買い物につき1枚の割引券が使えます。

ヤマダ電機の優待は人気が高く、NISA口座でもよく取引されています。

ベスト電器の株主優待

(2月末)

・100株・・・500円割引券×10枚

・2,500株・・・500円割引券×30枚

・5,000株・・・500円割引券×50枚

・25,000株・・・500円割引券×60枚

・5万株・・・500円割引券×100枚

※5,000円ごとに1枚利用可能

ベスト電器の株主優待も500円割引券です。こちらは5,000円の買い物ごとに1枚使うことができます。

6月28日上場廃止ですから、前回2017年2月末の株主優待が最後です。

優待がもらえる条件の違いについて

今回の株式交換による完全子会社化により、両社の優待条件達成にズレが生じてしまいました。

ベスト電器の株主がそのままヤマダ電機の株主になったとしても、ヤマダ電機の優待の条件を達成するには株数が足りなかったり、多すぎたり、と中途半端な数字になってしまいます。

(具体例)
・ベスト電器100株→ヤマダ電機28株(100株に足りない)
・ベスト電器2,500株→ヤマダ電機700株(500株より多い)
・ベスト電器5,000株→ヤマダ電機1,400株(1,000株より多い)
・ベスト電器25,000株→ヤマダ電機7,000株(1万株に足りない)
・ベスト電器5万株→ヤマダ電機14,000株(1万株より多い)

管理人がベスト電器の株主であれば、ベスト電器を売却して一度現金化し、その後にヤマダ電機を買うかどうか考えると思います。

関連記事

アーカイブ

アクセス