初心者向け株式投資本を出版した管理人が、投資の苦手なネット株初心者でも取引できる株情報を提供中。

富士通がソレキアのTOB価格を5,000円に引き上げる

2017.04.05

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

株価が上がるほどリスクを取る投資家の続きです。

4月5日15時、富士通がソレキアのTOB価格を4,000円から5,000円に引き上げました。

この結果、富士通が佐々木ベジ氏の条件を上回ることになりました。

ソレキアの株主の今後について(part5)

株主のみなさん、おめでとうございます。4月5日の条件は以下の通りです。

富士通によるTOB

(1)TOB価格・・・3,500円→4,000円(3/29)→5,000円(4/5)NEW!

(2)TOB期間・・・2017年3月17日から4月28日まで

(3)決済の開始日・・・2017年5月9日

(4)買付予定株数・・・上限なし

(5)証券会社・・・SMBC日興証券

佐々木ベジ氏によるTOB

(1)TOB価格・・・2,800円→3,700円(3/21)→4,500円(3/31)

(2)TOB期間・・・2017年2月3日から3月24日まで(→4月14日→4月19日までに延長)

(3)決済の開始日・・・2017年3月30日(→4月21日→4月26日に延長)

(4)買付予定株数・・・36万4700株

(5)証券会社・・・三田証券

前回3月29日に富士通がTOB価格を引き上げたときは、その2日後(3月31日)に佐々木ベジ氏が引き上げました。

同じスケジュールだとすると、4月7日に新しい情報が出てきそうです。

ソレキアの今後の株価について

TOB価格が5,000円になったため、4,850円で買った投資家も報われました。儲けを実感できるのは、もう少し先ですね。

佐々木ベジ氏「5,500円」→富士通「6,000円」

となるのを期待しているかもしれません。

なお、TOBに参加予定の方は、もうそろそろ口座を用意することをおすすめします。

富士通のTOBに申し込む場合(4月28日まで)はSMBC日興証券、佐々木ベジ氏のTOBに申し込む場合(4月19日まで)は三田証券です。

ソレキアを買った証券会社から株を移管(移動)するために時間がかかります。TOBの書類も取り寄せたいです。

もし、これから株式市場でソレキア株を買おうと考えている勇者は、SMBC日興証券もしくは三田証券で取引すると、移管する手続きを省略できます。

仮に管理人が挑戦するのであれば、保有株を全て買い取ってくれる富士通のTOBに申し込むと思います。

関連記事

アーカイブ

アクセス